スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

送電線の自由化を!

原子力にたよってしまっている現状
全ての原子力発電所をとめるとどうなってしまうのだろう?と思います。

わたし・・・反対するいじょうは、
少しの電気だけで生活していく覚悟はできています!
冷蔵庫と洗濯機は電話とパソコンだけは使わせてもらいたい~~っ
エアコンは使用しないし、明かりは、ろうそく手段!
覚悟できているわっ!!!
だけ!といいつつ制限宣言しても結構電気を使ってしまうね(;^_^A


と思っていたら原発をとめてもなんとかなるようです!
需要をコントロールすれば、
原発が全部止まったとしても電力は足りるようです。

詳しくお勉強していないのでなんともいえないのですが、、、

広瀬隆さんやてんつくマンさんから情報を得るとよいと思います。


送電線を電力会社から分離し自由化へ【脱原発】 :広瀬隆氏YOU Tube

→その広瀬さんのメッセージが、まうみさんの「ウィンザー通信」で読めます!


==========================================
<広瀬氏のメッセージ>


『現在の反原発運動についてひと言申し上げます。みなさんにもこれを広めてください。

電力会社の原発はほぼ5000万kWだが、
今夏のピーク時には、福島第一が廃炉になり、福島第二、東通、女川、東海第二が全滅し、
浜岡が停止、柏崎刈羽が3基再起不能で停止、さらに全土で定期検査中の原発が運転再開不能のため、
事実上1300万kWしか稼働しない状況にある。

この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する自家発電6000万kW(昨年9月現在)のほうが、はるかに大きなバックアップとしての発電能力を持っている。

「原発の代替エネルギーとして自然エネルギーに転換せよ」という声が圧倒的に多いが、
日本人が“快適な生活”をするために使っている電気の大半を生み出しているのは、現在は火力発電である。
この火力発電は、日本においてきわめてすぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入しているので、何ら問題を起こしていない。
決して原発が、電力の大半をになっているのではない。
原発は事故続きで4分の1も発電していない。

自家発電をフルに活用すれば、このすぐれた、クリーンな火力だけで、「まったく現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも止めることなく」電気をまかなえる。
これは、将来、自然エネルギーが不要だと言っているわけではない。

多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなければ原発を止められない」という、現在の反原発運動の固定観念は、まったくの間違いである。

将来のエネルギー構成をどうするべきかについてはここで論じないが、
原発を止めるのに、選択肢の一つである自然エネルギーは、今のところ特に必要ではない。
つまり、産業界を味方につけて自家発電をフルに活用し、原発を止めることのほうがもっと重要である。

週刊朝日6月10日号で私が特集したように、週刊朝日の記者が各電力会社に取材した結果、興味深い電力需給について裏の構造が明らかになった。
全国で、電力会社が他社受電の発電能力を秘密にして、取材にも答えようとしなかった。
特に九州電力だけは、「発電設備ごとの能力の内訳は公開していない。経営戦略情報なので教えられない」と、火力・水力・他社受電(自家発電からの買い取り)・原子力の内訳さえも答えないというトンデモナイ非常識な態度をとった。
この九州電力が、原発を動かせないので夏に電力不足になる、と言い立てている。

なぜ電力会社は、これら当たり前の事実を隠そうとするのか、という疑問から、ここで重大なことが明らかになった。

それは、「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」、
この事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。
そして制度が改善されて、誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独占してきた電力会社の収益源の牙城が崩れる。
送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力をあげて死守する必要がある、と彼らは考えている。
九つの電力会社にとって、福島原発事故を起こした今となっては、原発の確保より、送電線の確保のほうが、独占企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線である。
そのため、自家発電の電気を買い取らずに「15%の節電」を要請するという行動に出てきたのである。

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、
「送電線をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のために、まず第一に起こすべき国民世論である。
何しろ、送電線が解放されて、安価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用もできないのだから。

原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。

広瀬隆』

まうみさんのHPから転載させていただきました。
まうみさんの記事のコメントも参考になりますぜひぜひ^^

原発は、必要ないと思っています。
ただ、、、電力不足のままだと
産業空洞化にますます拍車がかかってしまい
日本にとどまっていた企業も海外へ行ってしまうのでは?
雇用問題など・・・心配になってきます。

自由化になればなんとかなりそうですねっ!

<こころさん情報提供ありがとうございます>


================================

数多くある情報の一部だと思ってください。
わたしのブログは、私個人でなくみなさんの情報提供のご協力のもと
成り立っていると思っています。
たくさんの情報ありがとうございますm(__)m
情報を調べて、記事を書いていますので、情報提供の中には
まとめられず記事にできない情報もあります。
私の記事もまだまだUPできない状態なので、、
全てのいただいた情報を記事にできるか?わかりませんが
できるだけ記事にしていこうと思っています。


関連記事


思うこと | 【2011-06-21(Tue) 07:05:06】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]
コメント
広瀬隆、広河隆一、この方たちの本やメディアでの発言は注目していいとおもいますよ。mieさんはたぶん私よりもずっとお若いからしらないのかもしれませんが。すばらしいジャーナリスト達です。
http://www.hiropress.net/ 広河隆一 最近だと雑誌DaysJapanなどよんだことないですか?


2011-06-21 火  22:18:05 |  URL | last drop #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-06-24 金  04:08:23 |  URL |  # [編集]
そしてはじめまして!
ブログの記事を読ませていただきました。
mieさんの住んでいらっしゃる所でさえ、そんなに線量が多いことを知り、
現実は想像以上なんだと、改めて認識させてもらいました。
ちっちゃなお子さんがいらっしゃるので、本当に心配ですね。
でも、mieさんの、いい意味で肝が据わった、それでいて、油断することなく、今目の前にある問題に取り組もうとしていらっしゃる姿勢に、とても感動しました。

日本から遠く離れ、いつもの暮らしを続けられているわたしなどには、なにひとつ役立つことができないのだけれど、
日本を、世界を、そしてこの地球を受け継いでくれる未来の子供達を思うと、
どんな小さなことでも、なにかやらずにはいられません。
どうかmieさん、ご自分をまず大切に、そしてうんと褒めてあげてください。
こんな世の中になって尚、すてきなおかあさんでいらっしゃるmieさん、すごいです!
無理をし過ぎないで、たまにはポケ~ッとして、またよかったらうちに遊びに来てください。
2011-06-26 日  12:38:14 |  URL | まうみ #DdiHOXp. [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-09-05 木  04:21:03 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。