スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「核の傷」「内部被ばくを生き抜く」2本同時上映 黒磯文化会館

重大な事故が起こったけれど、日本は幸いなことに日常摂取するようなお野菜など、セシウムの移行は少なくすみました。チェルノブイリよりも汚染が強い土地でも、見事に移行しないですんでいるものもある。日本の恵まれた土壌に感謝しきれません。
その結果、、被ばくしていることを忘れがちです。
いいことなのか?わるいことなのか?最近の私は、すっかり忘れています。
来月3,11実行委員会のみなさまによる自主映画が公開されます。
見に行って、気を引き締めようと思っています(o˘◡˘o)

どちらの映画にも出演されている肥田先生は、広島で被ばくしながらも被ばく者救援・治療にあたった医師です。
御年95歳!

児玉先生は、 東京大学アイソトープ総合センター長の医師、国会で被ばくの危険を怒り叫んで訴えてくれた先生です^^

4人の医師は、それぞれ現場の人です。被ばく症状をたくさん診てきた医師たちです。映画を通してわたしたちに被ばくということは?どんなことなのか?を
伝えてくれるかと思います。

鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」の映画は、
年齢も経歴も違う4人の医師がこれまで内部被ばくに関して積み重ねてきた体験や研究は重なるところもあれば重ならないところもある。
内部被ばくの影響は複雑で未知の部分も多い。
それでも、この4人の医師の声に耳を傾けることで
情報が混乱する中でも、自分にとっての立ち位置を見定めていただきたい。とのことです。

低線量被ばくは、人類未知の事なので誰にもわからない。



被ばくについてよくわからない方には、少し硬い映画かも知れませんが
未来につながることだと思いますので
この機会にぜひ、足を運んでください( ´ ▽ ` )
 
前売り券2本立てで800円とは、かなりお得となっていますよ~っ
チケット購入を希望される方篠崎までメッセージください(o˘◡˘o)

11月4日(日)
「核の傷」 肥田俊太郎医師と内部被曝
「内部被ばくを生き抜く」 鎌仲ひとみ監督
前売り券:大人 1,000円→800円
高校生以下 500円(当日券と同じ金額です)

無題
関連記事


お知らせ | 【2012-10-25(Thu) 19:41:56】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。