スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

大地を守る会の放射能連続講演会のお知らせ

大地を守る会からの講座、第2回 第3回 申込受付中らしいです^^
会場は、東京になるので、私は行けませんが、、
行ける方、ぜひ足を運んでみてください(*´∀`*)


無題

第2回「正しい食事こそ最大の防護」

食品からの内部被曝をただ怖れるだけでなく、食品の持つ「力」を正しく理解し、適切な処方で立ち向かう。このテーマで唯一専門的に研究した白石久二雄さんによる、「食による防護」の話。見えてくるのは日本食の素晴らしさ、かも。

【日時】7月7日(土) 13:30~16:00
【会場】タワーホール船堀
【講師】白石久二雄氏(元・(独)放射線医学総合研究所 内部被ばく評価室長)

●講師・コーディネータープロフィール

白石久二雄氏の写真

白石久二雄氏(元・(独)放射線医学総合研究所・内部被ばく評価室長)
農学博士。北海道大学農学部博士課程修了後、1981 年放医研入所。2010 年退官。米国ロス・アラモス研究所研究員、チェルノブイリ事故後の国際共同研究に従事。事故後に汚染住民に配布された『チェルノブイリ-放射能と栄養』を自費で翻訳 出版。専門分野は、食品学、環境放射能。食品による内部被曝を専門的に研究した日本で唯一の研究者。著書に『福島原発事故-放射能と栄養』(ミヤオビパブリッシング)、共著『放射能汚染これが専門家 8 人の食べ方、選び方』(東洋経済新報社)他。




第3回 「測定を市民のために~陰膳法から学ぶ」

放射能と向き合う・たたかう、そのために私たちは高価な「測定機」という道具を獲得しました。これを「安心」に貢献するツールとして生かし続けるために、何ができるか。「測定」を市民の手に!-学校給食での「陰膳法」を提唱した早野龍五さんから学びます。

【日時】7月21日(土) 13:30~16:00
【会場】千代田区立日比谷図書文化館
【講師】早野龍五氏(東京大学大学院理学系研究科教授)

●プロフィール

早野龍五氏の写真

早野龍五氏(東京大学大学院理学系研究科教授)
長野県出身。東京大学大学院理学系研究科修了。理学博士(物理学)。1997年より現職。福島原発事故に際し、専門性を活かした現状分析と情報発信をツイッターで行ない、大きな注目を集める。文科省に「給食まるごとセシウム検査」を進言して、現在各地の自治体で取り組みが始まっている。また、放射線内部被曝量を計測するホールボディカウンターの問題点を指摘し、その正しい運用や計測についてアドバイスを行なっている。1998年・第14回井上学術賞、2008年・仁科記念賞、2009年・第62回中日文化賞、を受賞。

●会場案内

千代田区立日比谷図書文化館
地下鉄「霞ヶ関駅」徒歩5分、地下鉄「内幸町駅」徒歩3分、地下鉄「日比谷駅」徒歩7分


大地を守る会HPより





関連記事


お知らせ | 【2012-06-12(Tue) 13:03:45】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。