スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

子供が浴びる放射能とそのリスク

なぜ?子供が大人より危ないって言われているのか?
知っていますか?

地面に近いくて地面からの被ばくをうけやすい!
(地面の数値の方が、高いです(>_<))

そして
胎児や子供は、成長する為に細胞分裂が活発なのです!
その元が放射能によりダメージを受けてしまうからです。

私たちの体内では細胞分裂が繰り返し起こっていますが、
これもより年齢が小さいほど盛んです。
細胞分裂では、細胞そのものが二つになっていきます。

ところが放射線は、
染色体の中にあるDNAを傷つけてしまうのです。
DNAがそのままの状態で分裂が行われると、
正しい分裂ができずに、間違った分裂がおこったり
細胞が死んでしまったり、ガン細胞に変わったりします(T_T)
<このことを放射線障害っていいます^^>

このため細胞分裂が活発に行われているときほど、
DNAの損傷のダメージは大きくなるってことなんだねっ

ガンや白血病は、
自然放射線レベルの少量の被ばくでも発生する可能性があるの(T_T)
だからなおさら、気をつけないと!


確率的影響って言葉があって
例えれば
5000人の人が宝くじを買います!
1枚で当たる人もいれば、
100枚買っても当たらない人もいるってこと!

ここで言うならば、当たりやすいのは、子供なのっっ(>_<)

少ない被ばくでも人によっては、ガンになる可能性があるので
なるべく確率をあげないようにしなければ!

政府が児童の年間被ばく制限量が、20ミリシーベルトに
あがりました。
20ミリ以内だったら大丈夫って意味ではなくて
全然、安心はできないんです。

でも、でも、、DNAのダメージは、修復されるのよっ(*^o^*)
修復タンパク質があるらしい!!!
タンパク質は、味噌、鶏肉や大豆など豊富に含まれるので
日頃からお豆腐とわかめのお味噌汁をいただきましょう♪

結局は、
100ミリシーベルトでもガンにならない人もいれば、
1ミリシーベルト以下でもガンになってしまう人もいるのよっ

なので免疫力を強めてガンにならない体づくりを目指しましょう!!!

放射線に負けない体づくりで、もっと詳しくブログUPします^^

一人でもママさんに読んでもらえると嬉しいです^^
その為にランキング参加しています。
ポチッと押してくれたら
励みになります(*^o^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
関連記事


放射能 | 【2011-05-09(Mon) 18:15:47】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
友人からこちらのブログを聞き、さかのぼって読ませていただいてます♪

私は妊娠初期なのですが、婦人科で水道水の放射性物質の影響について案内が配られました。

日本産科婦人科学会からのものです。

内容はいろいろ数値など書いてありますので、お近くの婦人科に問い合わせたらあるかもしれません。

文中抜粋すると、
授乳中の女性の母乳に分泌される放射能活性を持ったヨウ素は母体が摂取した量の1/4程度とされていますが、確定的なことはわかってません‥

胎児の被爆量は母体より少ないとされており、胎児が100~500ミリシーベルトの被爆を受けても胎児の形態異常は増加しないとの研究報告もあるそうです。

現時点では、妊娠中・授乳中の女性が軽度汚染水道水を連日飲んでも、母体ならびに胎児には健康被害は起こらないと推測されているようですが、

妊娠している身としては何を言われてもやはり不安でいっぱいです。

危険なのに大丈夫と言われても困るし、心配しても仕方ないレベルで過度なストレスを溜めるのもよくないだろうし‥

情報が溢れてる今、うまく情報搾取しないと潰れそうです(>_<)

余談ですが、先日上の子供が緊急でレントゲンを撮ることになったのですが、さらなる被爆が怖いからと言ってやめる判断なんてありませんでした。

必要だから行ったもの‥であることを考えると、できる範囲で気をつけるしかないのかなと思いました。

これからまだまだ長い戦いになりますが、こちらのブログ、参考にさせてもらいますね!
コメント、長くなってすみませんでした。
2011-05-21 土  20:58:44 |  URL | mommy2 #- [編集]
コメントが遅くなってしまってすみませんm(__)m
妊娠されていると本当に不安があると思います。
やはり子どもを守る気持ちがよりいっそう強くなるのでしょうね。

避難できない以上は、
心の切り替えが必要だと思います。
お子様とお腹の赤ちゃんにとって
ママの笑顔が大切だと思っています。

行動は、放射能対策をしっかり行っていきましょう!
胎児に負担がかからない範囲で
今できる限りのことをしてあげてください。

私も子ども達にできる限りのことを
したいと思っています。

できるかぎり情報を載せたいと思っていますので、参考できる記事があれば、
それを元に再度調べて
お子様やお腹の赤ちゃんにベストなものを
選んでください。
少しでもお役にたてれば、と思っています。
2011-06-13 月  07:37:44 |  URL | mie #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。