スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

放射線の単位

チェルノブイリ事故、原爆関連の本を読んでいると
いろいろと旧単位がでてきて、あれ?と立ち止まってしまうこともありませんか?

参考程度載せておきます。

■新・旧単位

新単位旧単位
1ベクレル(Bq)27ピコキュリー(pCi)
1グレイ(Gy)100ラド(rad)
1Sv(シーベルト)     100レム(rem)


■キュリーからベクレルへ

キュリー        →   ベクレル
1pCi (ピコ)    →  0.037Bq
1nCi (ナノ)    →  37Bq
1μCi (マイクロ)  →  37kBq(キロ)
1mCi (ミリ)    →  37MBq(メガ)
1Ci          →  37GBq(ギガ)


■レントゲン
 1クローン/kg=3876レントゲン
 1レントゲン・・・0.873ラドになる→新単位にすると 8.73ミリグレイ


チェルノブイリ事故は、1臆キュリー放射性物質が環境に放出されたようです。


□□参考程度に□□

ちなみに広河隆一さんの「チェルノブイリから広島へ」の本の中で
チェルノブイリ事故<1986年>から8年後の1994年4月に
原発近くへ測定器を持っていかれています。

原発近く        0.9ミリレントゲン
4号炉100m付近   9.9ミリレントゲン


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年3月28日 
福島原発正門  → 860マイクロシーベルト
地面下 芝   → MAX1100マイクロシーベルト最大値まで計測


評論家の副島隆彦さんが実際に現地入りされました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


放射線被曝量 単位/時間計算機グレイ~シーベルトの変換について
グレイからシーベルトの変換する場合参考にしてみてはいかがでしょうか?
関連記事


放射能 | 【2011-07-31(Sun) 10:35:13】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。