スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

4号機プールで冷却装置停止・・・。

4号機プールで冷却装置停止!

ヤフー時事通信より
東京電力は30日、
福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの水を
冷却する装置で異常があったことを示す警報が鳴り、
自動停止したと発表した。
 東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、
警報が鳴ったのは30日午前6時25分ごろ。
冷却装置に2台あるポンプがいずれも動かなくなり、
モーターを制御する非常用電源装置が故障した可能性があるという。
 東電は1日以降、復旧作業を始める方針。
冷却装置が停止した際に31度だったプールの水温は、
30日午後6時時点で36.6度に上昇したが、保安院は
「保安規定の上限の65度に達するには約60時間の余裕がある」としている。


これについて
武田氏ブログにて

福島4号機の工事が杜撰で、冷却配管を損傷したと考えられます。

このため、6月30日の午前6時から冷却ができなくなり、
温度が少しずつ上昇しています。
そのうち正式な報道がされると思いますが、
私が計算したところ、このまま冷却配管が損傷した場合、
4号機のプールが100℃を超えるのは7月5日夕刻と考えられます。

私はその後も急激な放射性物質の飛散はないと思いますが、
専門家によっては飛散があるとしている人もいますので、
一応、温度の状態だけ計算しました。おそらく、
このままいって使用済み核燃料プールの温度が100℃を超えて、
水が沸騰し始めるのは7月5日の夕刻と考えられます。

その後も余裕があると思いますので、
福島の人はすぐ逃げる必要はないでしょう。
風向きには一応、注意をしておいてください。

(平成24年7月1日)


燃料プールが壊れたわけではないので、
上から放水という手もあるらしいので
ひとまず、安心しました^^




スポンサーサイト
福島原発情報 | 【2012-07-01(Sun) 11:55:24】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

福島原発4号機について

冷却が再開されたようで、なによりです\(^o^)/



武田先生のブログより

福島4号機の冷却が2012年7月1日(昨日)再開しました。
確実な情報源で間違いはありません。ご安心ください。
温度は1時間に0.3℃ほど上昇し、46℃程度まで行ったようです。

福島4号機は今後も工事が続き、
使用済み燃料を取り出す仮の建屋が建設されますが、
先日のように放射性物質をもうもうと立ち上らせての工事を止めること、
冷却を安定させることを政府も東電も守る必要があります。

4号機の危険性について、再度、機会を持て取り上げます。

(平成24年7月2日)






さて!4号機、4号機と話題になりますが、
4号機の状況がよくわからない方への情報です!

現在の4号機は、どうなっているの?

使用済み核燃料とまだ使用していない核燃料棒
合わせて1535体をプールで冷やしている状態です。

・未使用燃料体が 204体。
・使用済み燃料が1331体

合計1535体

・未使用燃料棒→空気中に普通に置いておいても大丈夫!

使用済み燃料→空気中に出してしまえば、
 その周辺にいる人達は即死するぐらいの超危険物


その1331体の使用済み燃料の中には、
セシウム137という放射性物質で比較すると
広島原爆の多分5000発分ほどの物が含まれています。
(たねまきジャーナル小出先生からのまとめ)

なので、水のあるプールで冷やし続けることが大切なんですね!


福島原発4号機は、どうなっている状況なのか?

3月に水素爆発したので、、建物は、ボロボロな状況です(-_-;)
クレーンもみんな吹っ飛びました。
不幸中の幸いで、偶然が重なって奇跡的に
プールは無事とい状態のようです。。。



わかりやすいのが、ツィッターの和田達哉(Robin)さんの
アップされた写真!


01.jpg


本当にボロボロだけれど、作業員さんたちが、
この中でがんばって作業をしてくれているのも事実!


今後のどうなっていくのか?

4号機燃料取り出し建屋カバー建設「前例なき」燃料棒の取り出しへ 

テレ朝:Youtubeより


文字おこしは、できないんだけれど・・・・
CGの作業工程をUPしておきます^^



02.jpg
・現在は、むきだしボロボロの状態。


03.jpg
・今年8月末までには、5階から上の部分を片付ける予定。


04.jpg
・片付いたら、カバーをかけていく。


05.jpg


06.jpg
・カバーの中に大型のクレーンをつけて燃料棒を取り出していく作業へ向かう。予定


07.jpg
・建屋ができあがり、燃料棒を取り出す作業が、一番早くて来年の12月とのこと。




怖い事など、目をそむけたくなる人も沢山いるかと思います。
私もその一人。
事実を知ると怖くなってしまう事があるかも知れませんが
事実を知ること、受け入れることも大切だと思います。

そればっかりになってしまうと、、、ノイローゼやプチウツになってしまいますので
いつでも引き出せる準備をしつつ
日常を楽しみましょう☆彡





7月13日
武田先生のブログから4号機について

1)4号機が核爆発する可能性はほとんど無い、
2)水が漏れて空だきになったら核爆発の危険性は下がる(水がないと安全になる)、
3)地震で4号機が倒壊すると1万分の1ぐらいの確率で原発の風下30キロぐらいは危険地帯になる。

私は4号機の核爆発は心配していません。それより工事の粉塵の方が危険です。

なんだか、久しぶりにホッとするね^^


追記
いつもメールをいただいていますaさんへ
aさんありがとう!

どうにかお返事を返したいと思っていますが。。。
メールの返信ができなくなっています。
aさんは、携帯からメールをいただくので

迷惑メール対策設定で設定変更して頂ければ
嬉しいと思っています。ペコリ

福島原発情報 | 【2012-07-02(Mon) 10:02:47】 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。