スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

最近のわたし

わたしは、3月から放射能対策を必死に学んで
ブログを更新したり、いろんな方にたくさんのアドバイスをいただきました。

お笑い芸人の有吉さんから言わせれば、
「放射能ばか」ってあだ名をつけられちゃうかしら(^m^)

自分でもこんなに必死に学んだのは、人生ではじめてです。
普通のお母さんから見たら、詳しい方だと思いますが、
詳しい方から比べたら、まだまだが足りないのかな?と思っています。

いろんなことを考えれば考えるほど、私の心の中に
大丈夫なんじゃないか?とやっぱり危険の二つの考えが生じて
矛盾や葛藤をします。
答えは、きっと見つからないんだろうな~


3月~8月ぐらいまでは、危険意識が高かくて
放射能に関することをなぜ?わかってくれない?
とあせっていましたが。。。
今は、落ち着いた生活をすごしています^^

ゆっくりやっていくことにしました。
じゃないとこのままだとストレスで病気になってしまいそう。。。

ストレスって甘く見てはいけません!
イルカの赤ちゃんは、母親の姿が見えなかったり、離れてしまうと
ストレスで死んでしまいます。
楽しいということが大切だな~って感じています。

今まで子どものこと、家族のことを放射線対策を両立しているつもりでいましたが
パパから言わせれば、家庭を放置して放射線対策活動をしていたのこと・・・(-_-;)

「日常生活が一番大切」でその時間のゆとりのなかで
放射能対策活動をしていこうと思っています。


そんな私の日常生活ですが、
気になる食品のお買い物について

地元のお野菜を食べています(*^o^*)
もともといただいて食べていましたが、
3月以前と買い物スタイルが、あまり変わらなくなってきました。

私は栃木に住んでいますのでスーパーには、
栃木、茨城、群馬、福島産の食材が主。
多少意識してしまう私もいますが、購入して食べています^^
福島へベクレル検査を実際にして食材のベクレル数値が
ある程度、頭のなかに入っているので
この値域で採れた野菜は、これくらいかな?なんて推測してしまう自分がいます。
日常、使うお野菜で10ベクレル以上あるお野菜ってないような気がします。
白菜、ネギ、玉ねぎ、トマト5ベクレル以下だったですし、、、

<数字で書けば、0.3とか-0.1という数字です。>
<検出限界値が5ベクレルなので5ベクレル以下と書きました。>

福島で検体を実際にしているおかげで県で発表される数値が
私が検体している数値とだいたい同じような感じなので
信用してスーパーで購入できる私かも知れません。(*^o^*)
実際に目の前で検体をしているのを見ると安心します。


私個人的には、娘たちを含め家族の、
1日摂取ベクレル、1ヶ月平均10ベクレル以下だったらいいかな?と思っています。
10ベクレルは、高いかなっ?


調理法で0ベクレルを目指していますが、、、
どれだけ下がるのか?具体的な数字を把握していないので・・・
機会があれば、調べてみたいと思っています。

調理法で下げて、それでも取り込んでしまったものは、排出する。

意識しなくても野菜からの移行が少ないと感じるので
それほど放射性物質を摂取していような気がします。

意識せずに地元のお野菜などを使い
作った1日分の食事を検査機関に提出しましたので
検査結果がわかり次第、ご報告しますね^^
その数値を見てまた考えがわかるかも知れません。
高い数値がでたら警戒すると思います。
結果は、来年になるようです。


木になる果物は、、若干高めにでてしまいます。
キウイは、規制がかかってしまいましたし
柿も高いですが、干し柿にすると数値があがりますね。。。

樹皮から吸収してしまったようです。
しかし、樹皮をはがしたり、高圧洗浄器で洗浄したり
土にゼオライトをまいたり、生産者の努力が新聞に掲載されていました。


今年高く出てしまった生産物も
来年は、未検出になるとよいなと願っています。



そして免疫力をあげていく生活。
危険なものは、放射能だけじゃないわけで
菌やウィルスからも守っていかなくちゃ!と思っています。


放射能だけではなく身の回りには、事故など
危険は潜んでいることを忘れちゃいけないね^^
放射能ばかりで、他のリスクも忘れがちなので
ずっと笑顔で生活できるように
いろんなリスクから回避していきましょう^^


抗酸化や免疫力UP生活を心がけていきましょう


※線量のある産地からの食材に抵抗ある方もいらっしゃます。
ブログの文章を読んで、びっくりする方もいらしゃったかと思いますが
地元の生産物を食べています。
今の生活スタイルを書きました。

人によって免疫力、体質、経済力、生活スタイルはさまざまです。
考え方だって違います。


今の自分を書きました。
また状況により生活スタイルや考え方など変化します。
今後も変わってくると思います。

3月のころ、6月、9月 12月・・・
時間の経過で情報や状況も違うので
知って考えて自分の生活スタイルを作っていこうと思います。





スポンサーサイト
思うこと | 【2011-12-15(Thu) 16:49:43】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

あさイチ 12月15日 日本列島・食卓まるごと調査・続報

NHK日本列島・食卓まるごと調査・続報が放映されました。
みなさんは、ご覧になりましたか?

NHKあさイチのホームページより

11月24日(木)に出された訂正速報

前回放送した誤った数値 再検証後の数値
<セシウム134>
札幌 5.69Bq/kg → ND (検出限界:8.2Bq/kg)
須賀川 3.66Bq/kg → ND (検出限界:5.7Bq/kg)
江戸川 4.05Bq/kg → ND (検出限界:5.2Bq/kg)
岸和田 3.39Bq/kg → ND (検出限界:4.5Bq/kg)

<セシウム137>
目黒 8.97Bq/kg → 8.5Bq/kg
※誤差1.9Bq/kg
(検出限界:5.2Bq/kg)

再分析したデータについて

前回の調査では食品をゲルマニウム半導体検出器という装置にかけ放射性物質を検出しました。この装置で検出されたスペクトルと呼ばれるデータについては問題がないということなのですが、このスペクトルをさらに分析し、実際のセシウムの量を割り出す装置に整備の不備があったということです。そのため、この装置の調整をやり直し、再度分析しました。なお、装置の再調整は、別の専門機関の協力も仰ぎ、二重のチェックを行いました。
新たな結果は以下の通りです。
→セシウム134については、すべての地点で1週間通して、「検出せず(ND)」
→セシウム137については、目黒で一日だけ「8.5ベクレル/キログラム」を検出
他はすべて「検出せず(ND)」

詳しい結果は、あさイチホームページで公開しています。
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/10/17/01.html

修正後の数値の体への影響について

前回10月17日(月)の放送では、検出したセシウム134およびセシウム137の数値について、すべて微量であり、仮にこの数値の食事を1年間取り続けたとしても、現在国が示す食品からの年間被爆許容量の5ミリシーベルトを大きく下回るとお伝えしました。
今回の結果で計算しても、例えば、セシウム137を一日だけ検出した目黒の食卓で、仮に毎日このセシウム137を8.5ベクレル/キログラム毎日とり続けたとして、またセシウム134も検出限界値が一番高かった日の 6.4ベクレル/キログラム毎日とり続けたとして、セシウムによる年間被爆量を計算するとトータルは0.08ミリシーベルトとなり、前回の放送の結果とほぼ同様、国が示す年間の被爆限度量(来年4月から1ミリシーベルト予定)を大きく下回るものでした。ほかの家庭も同様です。

「検出せず」とは

「検出せず」とはそのとき測ることができる一番小さな数値よりもさらに小さい値だったという意味です。「検出せず」には他にも「ND(Not Detected)」や「検出限界以下」「<」などなど、いろいろな表記方法があり、表現が統一されていないのが現状です。
一般に放射性物質の測定を行う場合、検出限界値という、そのとき測ることができる一番小さな数値が設定されます(この検出限界値は、測定する試料の量や含まれる物質、検出器の性能などによって、測定ごとに変化します)。測定の結果、この検出限界値未満の場合、検出限界値以上の大きな値である可能性がないのはもちろん、放射性物質があるかないかもわからないと考えられ、「検出せず」や「ND」と表記するルールになっています。

今回の検出限界値について

前回の検出限界値は装置の不具合による読み違ったデータを元に算出した数値でした。今回再分析を行い検出限界値も新たに算出しなおしました。この結果は、放射線分析の第一人者である岡野眞治博士によると、使用した装置や測定した試料の量などから考えて、今回算出したくらいの数値が妥当だということです。

カリウム40のデータについて

今回、カリウム40の数値も調べようとしました。しかし、首都大学東京の検出器が置いてある部屋のコンクリートにカリウムが多く含まれていると考えられ、これがカリウム40の測定に影響を及ぼし、測定が難航しています。現在、測定の第一人者である岡野眞治博士にも協力を仰ぎ調査を続けていますが、今回カリウム40について、測定値が出せるかどうかは未定の状況です。

横須賀の給食の調査について

横須賀市では、10月13日以降、市内の小学校で出される給食のまるごと検査を実施し、一週間毎にまとめて測定しています。これまで8回行った結果、ほとんどが「検出せず」。11/21~25の間に出された給食から、セシウム137が0.48ベクレル/キログラム検出されています。これは、検出限界値ぎりぎりの数値です。

測定結果は、随時ホームページで公開されています。
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8330/kyuushoku/documents/teikyo.pdf

京都大学の調査について

京都大学大学院医学研究科 環境衛生学分野

教授 小泉昭夫
…食品の中に含まれる農薬やダイオキシンなどの汚染物質の調査、研究専門。全国各地の過去30年分の食事や母乳などを保存、継続調査を行うなどこの分野の第一線で活躍。放射線の専門家ではないが、今回の原発事故を受けて、福島の食事の調査に乗り出す。

今回の福島の食事調査(陰膳調査)の概要

・2011年7月2日からの8日間。福島県の福島市、相馬市、いわき市、二本松市の4か所で調査
・研究員男性5人(県外の人間)が「自分が福島県で食事をすると想定して」近所のスーパーや直売所で、おやつ、水も含め1日に口にする全ての食品、飲料、合計55日分を購入。(食事は調理済みのお弁当や総菜や菓子パンなど)
・ゲルマニウム半導体検出器を使用
20000秒間の測定。検出限界は0.2ベクレル/キログラム
・検査物は凍結乾燥。(含有する放射線が微量であるため、より正確により微量まで測定できるよう、水分など無駄な物質を取り除き放射線物質を濃縮)
・結果:セシウム134は36検体(65.5パーセント)に検出
最大で7.2ベクレル/日
セシウム137は35検体(63.6パーセント)に検出
最大で7.0ベクレル/日
年間の体への影響はセシウム134と137合わせ、最大で0.083ミリシーベルト/年

放射線の可視化写真について

・放射線を感光板の一種で撮影するオートラジオグラフィを用いました。

以下のホームページで調査の内容を詳しく知ることができます。
http://hes.med.kyoto-u.ac.jp/fukushima/EHPM2011.html


NHKホームページ あさイチ 12月15日放送内容より



調査 | 【2011-12-16(Fri) 07:39:22】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

ママ反省中。

厚生労働省から「一般食品」の放射性セシウムの基準値は、1キログラム当たり100ベクレル、成人より放射線の影響を受けやすいと指摘されている子ども向けの「乳児用食品」と「牛乳」は50ベクレル、そして、摂取量が多い「飲料水」は10ベクレルとする新たな基準値になります。
来年4月から変わりますね。変わってなによりです。


私の過去のブログを読み直して思っていること。。。
私の中で以前と危険意識が変わりつつあります。
気をつけていきましょうと声を大にしていってきた私ですが。。。。
ブログをまめに更新していなかったせいなのか?
パソコンをあまり見なくなったのか?
生産者を支えたい気持ちが強くなったのか?
9月から検体をずっとしてきているせいなのか?
市の対策本部ができたからなのか?
・・・いろんな理由が少しづつ重なっているのかもしれません。

危険だという意識が私の中で、、薄れてきています。
免疫力を高めていこうという意識は変わらないのですが、、、

以前よりも危機感がなくなってきています。すみません。。。。
検体をしているせいもあるかと思います。


今までブログや放射能対策で必死だったわたしなので
家庭を大切にしようと思っている気持ちが強くなっているかもしれませんね。

娘の口から「地震前のママのほうが、たくさん遊んでくれた。」
「今は、、、、パソコンと放射能ばっかりじゃん・・・・」
という発言がありました(>_<)
一部、パパの言葉をそのまま使っているなと思いましたが、、、、
たしかに。。。。3・11前と今は、生活スタイルがまったく違います。
外遊びは、以前の半分もしていないし、ミシンも触っていません(+_+)
娘たちの洋服も何一つ作っていない。。。
冬なのに、編み物もしていない・・・。

触れ合うことを大切にしてきたはずなのに・・・・
ずるずるずる・・・。

生活を見直し中です。

伝えたいことが伝えられずにいる状態ですが、
生活のゆとりの時間で伝えていこうと思います。


反省中なので文章が・・・くらいですねっ^^;

よし、がんばろう。



思うこと | 【2011-12-28(Wed) 14:37:49】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

スギ花粉に含まれる放射性セシウム

福島県など16都県でスギ花粉に含まれる放射性セシウムの濃度調査を
行っている林野庁は27日、福島県内の調査地点のうち
87カ所分のデータを中間報告として公表した。
87カ所の最大値をもとに試算したところ、花粉の吸引で受ける放射線量は
毎時0.000192マイクロシーベルト程度で、
同庁は「花粉の吸引による被ばくを心配する必要はない」としている。

<ヤフーニュースより>

最高値は・・・浪江町内のスギで1キロあたり25万3000ベクレル

前のブログで・・・危機意識が薄れています。なんて書いた私ですが
この新聞記事を読んでびっくりしてしまいました。
ちなみに、我が家は朝日新聞です。
「プロテウスの罠」連載記事、面白く読ませていただいています。

また、脱線してしまいそう^^

首都大学東京大学院の福士政広教授が独自でと東京の奥多摩の
スギの雄花を分析したところ、1キロあたり93ベクレルだったという事です。

我が家の隣に杉林があるのですが・・・
どのくらいあるのか(-_-;)
考えると切なくなりますね・・・。
1キロあたり・・・んん・・・4桁ベクレル~ぐらいありそうだっ。
実際に検査しないとわからないけれど^^



お友達のKUさんが、11月から杉のつぼみを集めていました。
お手伝いしようと思って散歩道の杉の木を見たけれどついていない・・・
スギ花粉が入っているつぼみは、ある程度成長しないと
つぼみをつけないようです。

よし、KUさんのお手伝いをしよう!
地元の杉花粉のベクレル数値って気になりますから~~~


スギ
これが杉のつぼみと読んでいますが、雄花なのかな?

毎年、窓が黄色になるぐらい飛んでくる花粉。
外部被ばくは、影響ないかも知れないけれど・・・

花粉って遠くまで届くようだし、
浪江だけでは・・・ないよねっ
線量の高い地区にあるスギも相当なベクレルだと思うよ
一斉に飛び散ると思うと・・・
少々警戒モードになってしまうね・・・。



春先は、マスクだ^^
行政でもなんとかしてくれないかな~~。
スギありすぎ
なんて。

またぜんそくのような咳き込みにならなければいいけれど・・・
私は花粉症じゃないので、花粉が飛んでいるか?よくわかりませんが
友人によれば、1月ごろから飛んでいるようです。。。
花粉症もツライ。

マスクで花粉対策!





環境情報 | 【2011-12-29(Thu) 19:23:31】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

食事丸ごと、セシウム測定 全国11地点で毎日新聞調査

私は、朝日新聞なので、まるごと検査が行われていたのが知らなかったのですが、
メールで白石先生に丸ごと検査の情報を教わりました。
年末でお忙しいのに先生ありがとうございました。
この結果がすべてでは ないと思いますが、
とても参考になる検査だと思います。もっともっと丸ごと検査<陰膳法>が
たくさん行われるといいですね^^

年明けにも、、違う新聞社さんでも丸ごと検査の記事があがるかと思います^^



<毎日jp>から転載させていただいています。
プラスわたしが読んで感じたことも記事のなかに記入しています。グレーの文字の太字になっています。 




日々の食事で、どのくらいの放射性物質が体内に取り込まれるのか。
毎日新聞は、全国11カ所に住む本紙記者とその家族ら11人の
3日間の食事に含まれる放射性セシウムを、
首都大学東京の福士政広教授(放射線安全管理学)の協力で調べた。
福島県伊達市などで一般に流通していない自家栽培の農作物を
食べた3人の食事から、セシウムが検出されたが、暫定規制値以下だった。【中村美奈子】

調査は11月13~15日に実施。
▽間食や外食を含むおかず
▽生米
▽飲料水
3ブロックに分け、おかずは全種類から一部を取り分けて
1日分をミキサーにかけ、100ミリリットルの測定容器に入れた。
生米と水は別個に測定容器に詰め、福士研究室が
ゲルマニウム半導体検出器で1試料(容器の中身)2時間ずつ測定した。

検出限界値(※1)を超えたのは
▽伊達市・・・・・・・・・・・・おかず→123.8ベクレル
        ・・・・・・・・・・   米→249.2ベクレル
▽宮城県白石市・・・・・・・おかず→ 14.2ベクレル
▽群馬県高崎市。・・・・・・おかず→ 32.7ベクレル
伊達市は自家栽培の玄米から1キロ当たり249ベクレル、
煮物と果物などから124ベクレル出た。

はじめ見たときには、まるごと検査と題してあったので
米の数値を見て、249ベクレル!!!と驚いてしまったけれど、
よく読んだら、、、
生米???ごはんじゃないの?
ならば、納得です。
ふ~びっくりしました。
食事まるごと検査記事なので、炊いたごはんかと勘違い。(^m^)

無洗米は、ともかく一般的には、洗うので・・・
洗うと少しは減ったりもするのではないのかな?と個人的に思います。
これは、生米の1kgあたりのベクレル数を表しているんですね^^;

勘違いをしそうですね。。
私のひとつの考え方として思ったことを、伊達市の玄米ベクレルを
250ベクレルとして計算してみます。間違っていたらすみません。

1合は、約150gとして
3合450gを炊いたとします。

1000g・・・ 250ベクレル
  500g・・・ 125ベクレル
 100g・・・  25ベクレル
  10g・・・ 2.5ベクレル

3合450gだと112.5ベクレル。

・お水は、検出限界値以下なので今回、ベクレルを足しません。

1合(150g)のお米は炊いてご飯にすると約340g(2.27倍)に
なるようなので、
3合のごはんは、約1020g
ごはんをベクレル検査すれば、1kg必要となるので
3合は、約1020g。そのまま、 kgあたり112.5ベクレルと考えても

よいのではないでしょうか?^^

計算しづらいので、1000g=112.5ベクレルとします。
大人茶碗1杯・・・約140g   →約15.6ベクレル
子ども茶碗1杯・・・約100g  →約11.2ベクレル
となるんじゃなのかな???

おかずも1kgも食べませんので、
食べたおかずg + ごはんg =摂取ベクレルとなるのではないのかな^^
それのデータが、一人一日当たりの米・水・おかずの合計
最大推定摂取量(Bq)になるのではないのかな??と思ってみたり。
今回ごはんじゃなくて生米で計算されていますね^^
毎日新聞さ~ん、生米ではなくて、実際のごはんで
測ってもらいたかったです^^
生米は、たべないし・・・(+_+)

単なる私の考え方の間違いや計算ミスだったりもするので、
置き傘程度にお読みください^^
間違っていたら教えてくださいねm(_ _)m


玄米なので精米すれば、五分の1~十分の1まで減ることもあるようですし
白米にして洗ってごはんにすれば、もっと含まれる線量は減るはずですね^^




 3人の食事には、いずれも自ら育てた農作物が入っており、
▽伊達市の男性(77)がサトイモ、大根、キウイ
▽白石市の女性(62)がサツマイモ、干し柿、タマネギ、大根、長ネギ、白菜、ジャガイモ
▽高崎市の男性(70)がユズ、柿、大根葉を食材にしていた。

キウイ、干し柿、柿、ユズが・・・ベクレル出しちゃったのかな?と想像します。。
大根、長ネギ、白菜などは、線量の高い地域でもでていないと想像します。
絶対とはいえませんので、mieママの勝手な想像だと思ってください。
献立もいっしょに載せてくれたらよかったのにな~と思っています。
何を食べたのか?気になります。
 



 (※1)検出限界値とは、これ以下は測れない値のこと。
食べ物の内容物や重さが違うため、試料ごとに異なる。
核実験の開始後、地球上には常にセシウムが存在し、測定値はゼロにならない。
  
 次に、1人1日当たりの飲食物に含まれるセシウム134と137の量を、
放射線医学総合研究所で内部被ばく評価室長を務めていた
白石久二雄さんの指導監修で試算した。

検出された1キロ当たりの数値に、各人が飲食した
重さを掛けて実際に摂取した量を出し、米とおかずと水の分を足し合わせた。

最も多かったのは福島県伊達市の男性で1日最大220ベクレルを摂取。
群馬県高崎市の男性の同81ベクレルが続いた。
白石市の女性は同33ベクレルで他と大差なかった。

 これらの人体への影響を知るため、
国際放射線防護委員会(ICRP)の基準を用い、年間被ばく量に換算した。
最多の伊達市220ベクレルが年1・3ミリシーベルト。
来春から適用される予定の放射性セシウムの
新基準値・年1ミリシーベルトをやや超えた。
 ただし伊達市は、3日間のうち2日間のおかずは検出限界値以下。
最も低いセシウムの推定摂取量は、1人1日当たり140ベクレル。
玄米を含むため高水準だが、年間線量は新基準値以下の0・81ミリシーベルトだった。
 伊達市の男性と同居する長女(49)は
「地元の検査でも、隣の田んぼから取れた玄米から放射性物質が検出され、
やっぱりと思った。自家栽培のサトイモは検査に出し、検出限界値以下だった。
大根とキウイは検査しておらず早く調べたい」と話す。
測定は希望者多数で順番待ちだという。
 福島市の女性(46)は、主に市内のスーパーで買った地元産を含む食材や
古米を食べていたが、検出限界値以下だった。
 伊達市の井戸水を除き、どの家も水道水(浄水器使用も含む)を使っており、
水はすべて検出限界値以下だった。放射性物質がたまりやすい玄米については、
福島県郡山市産や新潟県南魚沼市産の市販の玄米を食べている人もいたが、
検出限界値以下だった。
 食品の放射性物質の新基準は、年1ミリシーベルトを一般食品にあてはめ、
1キロ当たり100ベクレルとなる予定で、
暫定規制値(穀類500ベクレル)よりかなり厳しくなる。
調査結果を分析した白石さんは
「今回は検出限界値を使って高めに見積もった。
それでも伊達市以外は新基準値以下だった。
実際は大部分がこれよりかなり低い線量だと思う」
と話した。

 伊達市の玄米から高いセシウムが出たことについては、
「検査をしないと新基準値を超える食物を口にする可能性があり、
食材全品の検査態勢を早期に整備する必要がある」
と指摘。
「新基準を絵に描いた餅にしないためにも、個々の食材にベクレル表示をすべきだ。
個人で判断して被ばく線量を管理でき、風評被害もなくなるはずだ」
と述べた。

 ◇学校給食も同じ手法で実施
 食事を丸ごと測定する手法は、
実際に口にした放射性物質の量を調べるのに最適とされる。
神奈川県横須賀市など複数の自治体が学校給食で取り入れ、
文部科学省も来年度から全国の給食で導入することを決めている。
 1人1日当たりの食事に含まれる放射性物質の試算にあたっては、
飲料水は厚生労働省の国民栄養調査に基づき1日1.65リットルで計算した。
米は、生米の測定値を水を入れて炊いたご飯として考えた。
 試算では、人体への影響が最も大きい場合を想定し、
3日間のデータのうち最大値を用いて11人分を出した。
検出限界値以下の場合は、検出限界値を用いて試算した。
検出限界を超えた日のあった白石市、伊達市、高崎市の3人は3日分すべて試算した。
 自然界に元々ある放射性物質のカリウム40は、
研究室内のコンクリートの床から放出されたため、正確な測定ができず除外した。

たくさんのデータが公表されて、各自数字を判断できる世の中になればいいですね^^




情報提供 | 【2011-12-31(Sat) 11:19:32】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

2011年を振り返って

2011年も残りわずかとなってきました。

今年は、本当にいろんなことが起こり
過去最大のとんでもない出来事がおこった年でした。

体に受けたストレスは、、、そうとうなものだったと思います^^
活性酸素、、たくさん発生しただろうな~

3・11の大震災から原発事故
私たちは、歴史にた残る時代に生きているんですね。。。

たくさん泣きました。たくさん怒りましたし、たくさん落ち込みました。


だけれど、いろんな事を学び、知ることができました。
いろんな人と出会い、考えることもできました。

事故がなかったら、学ぶことはなかったかと思います。
事故がなかったら、知り合えなかった人もたくさんいます。

放射能ことは、もちろん・・
食べることの大切さ
環境
幸せ
時間

どのように生きていくか?
 

今年は、本当に学ぶ年だったと思います。
知ることの大切さを実感しました。



まだまだ知りたい事は、山ほどあります^^
考えなくてはいけないことも山ほどあります。

来年もたくさん学んで、人とつながったり
家族の時間も大切にしたいし、
心・笑顔を大切にできる年にしたいと思っています。

地域で生活するすべての子どもたちが、地域で働くすべての人が
笑顔で人と人が大切に思いやれる環境になるように願っています。

みなさま
たくさんのコメントやメールをいただきありがとうございました。
たいしたブログでは、ありませんが、、
勇気づけられます。とメッセージをいただくと
ブログを書いてよかったと思います。

途中、講演会を立ち上げたりで・・・活動家になってしまったので
家庭が、、、少し・・・大変なことに
なってしまいました・・・(>3<)
体も心もダウンしていたので、、
後半、放置気味になってしまいましが
一番大切なのは、何か?と考えたときに答えがでました。

コメントをとじていますが、、
拍手からコメントが寄せられます。
お返事はできませんが、ひとつひとつ大切に読ませていただいています。
 

数多くあるブログなかから、読んでいただいて本当にありがとうございました。

よい年末年始をお過ごしください(*^o^*)



思うこと | 【2011-12-31(Sat) 12:14:13】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。