スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

訂正 

訂正があります。

NHK10月17日の「あさイチ」放射線大丈夫?日本列島・食卓まるごと調査に関して
ですが、
データを再検討中のようで
12月15日の特集で詳しくお伝えすることになっていますので
NHKホームページにてご確認ください。

pdfファイルデータを見落としていてすみません。
ファイルデータを見たところ、1日だけ検出されてそのほかの日は
全くでないというのも不思議です。

白石氏からアドバイスを受けていたのでこのデータを見て言っていることが
うなずけました。

「同じ食事の中にセシウムの134と137の両方が検出されてないこと
二つの測定時間でカリウムー40の値が違いすぎることなどから
測定法に疑問は残るものの仮に1桁の違いがあったとしても想像より低いので、
まずは安心です。さらなる検査が必要ですが」

NHKのデータに頼るのではなく、とにかくいろんな地域でたくさんの検査をして
たくさんのデータを見ることができる環境になり
わたしたち一人一人が、数字を見て判断し生活できればいいなと感じています。

9月の白石氏の講演会で「陰膳法」が紹介されてしました。
チェルノブイリでも行なってきた食品検査の一つです。
はじめは、いんぜんほう?かげぜんほう?なんて読むんだっ??の
私でしたので、なじみのない言葉ですね^^

きっとみなさんもそうに違いない^^。

この言葉が近所のおばさんの口からもでるような
ポピュラーになればいいなぁ~と思っています。






スポンサーサイト
調査 | 【2011-11-11(Fri) 08:33:52】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

福島原発行動隊のことを知るための講演会のお知らせ

福島第1原発事故8ヶ月が過ぎて原発敷地内の様子が12日、
初めて報道陣に公開されました。

みなさんも新聞やニュースで見られたかと思いますが、
3号機、4号機の建屋は、ボロボロ・・・
映像を見ると、レベル7の大爆発が起きていたんだと実感します。

取材ルートは、低い場所が選ばれたということですが、
3号機の横を過ぎるとアラームがなり、東電の計測器の値は
1000マイクロシーベルト。

そんな場所で今もそうですが、今後も作業が行なわれていくんですね。

吉田所長の記者会見も行なわれ
「死ぬだろうと数度思った」と語っています。
記者団とのやりとり→ヤフーニュースから


3月は、地震で流通がストップし、ガソリンもなければ灯油もない
スーパーにも食品が入ってこなくて在庫もない状況。
テレビから流れてくるのは、水素爆発し冷却できない放水失敗のニュース。
不安というか、恐怖で、明日はどうなってしまうのだろうと
明るい未来など考えられなかった私ですが、

民間から「あれじゃ駄目だ」と
原発への放水のためにコンクリートポンプ車を提供されたり

「シニア決死隊」元エンジニア現役を引退した方たちが約400人
集まり、原発の最前線に向かう報道を知りました。

涙がでるくらいにありがとうございますと感謝した事を覚えています。
、、、なんていえば、わかりませんが、
たとえれば、親から守られている子供のような感覚になり安堵して
涙があふれたことを忘れません。

最悪な事態になっても希望を捨ててはいけないということを感じました。

危険な場所には私はいけませんが、せめてこの世の中に少しでも多くの情報をと
決意したことを覚えています。

最前線で、動いているかたがいるからこそ
私が今、毎日を子供たちと笑って過ごせているんだと思います。


心からありがとうございます。

シニア決死隊の今の形が
福島原発暴発阻止行動プロジェクト」となっています。

福島第一原発の現状が講演会で知ることができるかと思います。
ここでお知らせです。



《うつくしま復興プロジェクト応援企画第1弾》

福島原発行動隊のこと たくさんの方に知ってほしい

 日時   平成23年11月19日(土)
 場所   とちぎ健康の森 2階 小会議室
 講話者  原 伸介氏(炭焼職人)
 時間   受付12:30〜
      開演13:00〜(約1時間)
     (講演後、行動隊の方へのメッセージを記入する予定です)
 入場料  無料
     *入場料の代わりに行動隊を支援する募金にご協力をお願いいたします。

 主催  福島原発行動隊を応援支隊主婦’s
(そうです・・・主婦仲間たちで奮闘してます♪お手柔らかに^^)

……いのちをうみだす母は いのちを守りたいと思うのです……

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■同日の企画

3月11日に起きた福島第一原子力発電所の事故。 小さな島国「日本」に現在54基もの原子炉。
私は身の丈以上の便利さ・豊かさを追い求めているのではないだろうか・・・
私1人が行動しても何も変わらないと思い込み、一歩をためらっているのではないだろうか・・・

 『いまだから たちどまる』
 『いまだから ふみだす』

高校の進路希望職業欄に「仙人」と書いた原氏。
そして、39歳のいま、
炭を焼く伝統をまもるべく職人として動くのと同時に
山の中で独りで作業を続けてきたからこそ原氏が勘じ、感じる、
生きていくための本質がある。

福島原発の事故は私達にとって
どんな意味をもつのか・・・

政府や東京電力を責める・責任追求という手段もあるかもしれません。
しかし、たとえば・・

自分に何ができるのか・・・
今の生活を変えられないと傲慢になってはいないだろうか・・・

原伸介さんの話を聞きながら
何かを感じる時間にできたらいいなと思っています。


《うつくしま復興プロジェクト応援企画第2弾》


 『たちどまる』勇気
       『ふみだす』きっかけ

 炭師  原 伸介氏 講演会

 日時 平成23年11月19日(土)

 場所 とちぎ健康の森 講堂

 時間 開場 18:00
    開演 18:30〜(20:00終了予定)

 料金 大 人 1,000円   大学生  500円  (高校生以下 無料です)

 主催 原伸介講演会実行委員会
    事務局 石澤 090-8518-7227 



ぜひ、足を運んでみてください。
詳しくは、事務局 石澤さんまで 090-8518-7227




お知らせ | 【2011-11-14(Mon) 15:42:49】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

わたしたちは放射能とどう付き合っていくか?講演会のお知らせ

12月6日(火)13:30~17:30
黒磯文化会館小ホール

~今中哲二と地域住民で考える集い~

「わたしたちは放射能とどう付き合っていくか?」

・講演会
・地域活動報告
・パネルディスカッション

一部13:30~15:00
基調講演
「放射能汚染のリスクを自分で考える 5年後、10年後を見据えて」
■今中 哲二(京都大学原子炉実験所 助教)

二部 15:00~16:30
現地活動報告
①「汚染状況<那須を希望の砦にしよう>の活動をとおして」
  ■藤村靖之・・・非電化工房主宰
②「農地の除染の可能性 大豆 ひまわり 菜の花プロジェクト」
  ■稲葉光圀・・・民間稲作研究所 理事長

三部 16:30~17:30
パネルディスカッション
「私たちの健康を守るために、どのように放射能と付き合っていくのか」
 今中哲二、藤村靖之、稲葉光圀、荒川朋子(アジア学院副校長)


定員380人 入場料700円 小学校以下無料 託児あり要予約

主催:今中哲二講演会実行委員会那須
お問い合わせ 090-9335-7184

後援:那須塩原市 アジア学院 西那須野幼稚園 みちのく応援隊 
   那須を希望の砦にしよう よつ葉生協 那須地域環境対策連絡協議会
   那須塩原 放射能から子供を守る会




お知らせ | 【2011-11-19(Sat) 15:10:34】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

地震に備えましょう。

福島原発事故は、3.11の大地震がきっかけです。

地震は、防ぐことができません・・。自然の力には、人間は無力・・・。
ならば
地震、津波、火災、放射性物質に備えましょう。
いざとなったときに、すぐに行動できるように

5月に一度記事を書いていますが、
16日分の食料確保


地震のプレートも不安定です。
スマトラ地震ではM9.1の大地震をおこし
1年後に・・・・M8.6
3年後は・・・・M8.5と地震が起こっています。
あれだけ大きな地震だったので5年間は、用心していくべきです。
地震大国日本ですよっ
なにが起こっても不思議はないよねっ

北海道大学理学研究院 附属地震火山研究観測センター の
森谷武男氏は、
ホームページで
「VHF電磁波の地震エコー観測よりM9地震が発生する可能性が高まっていることをお知らせします」
つまり、再びマグニチュード9の地震が発生する可能性があるといわれています。

震度1,2の小さな地震が連発したとき、私が気になった時に
地震予測や地震体感記のブログも参考にさせていただいている私です^^
4月時期には、お世話になりました。

みゆ吉のブログ
ポッポの≪体感≫地震予測日記II
地震くるみる

私は体感などの能力はまったくないので、情報提供をいただけると
本当にありがたいと思っています。
それぞれのみなさんが警戒を呼びかけたときに
私も頭に地震がくるかも知れないことをいれて生活をしています。

福島原発だけではく、東海村の原発や
高速実験炉「常陽」が近くにあるので
やっぱり警戒してしまいます。

震源地を変えてM9グラスの地震がきたらと思うと本当に嫌ですが、
万が一のことを考えて
備えておくのもいいかも知れません。

不安ばかり考えていると生活できませんが、
何が起こってもおかしくない世の中なんだと
私は、頭の片隅にいれています。
 

地震後、保存食を蓄えましたが・・・
カップラーメンが、賞味期限をすぎていました^^
あれれ^^
再度いつまで食べられるかを確認しま~~す^^



思うこと | 【2011-11-20(Sun) 10:56:30】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。