スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

2極化・・・・を心配してしまいます。

ブログだけでなく、地元をなんとかしなければ!と
コツコツと個人的に活動している私ですが、
最近強く思うこと!

地元のみなさんの放射線に対する関心が 
ますます2極化しているわっ

放射能に関心がある、周りのお友達と放射能の話したいと
思っているけれど、実際には、口に出せない方が多い
そんな方がたくさんいる事は知っていましたが・・・

私の地味な活動を通して確信したこと
教育関係者。。教育関係者だけでなく、いや地域全体が
なぜか?放射能を口にしたり、積極的に動くことをタブーとなっているような気がします。
「目立つことをしたり、前に出るものは、たたかれてしまう」
そんな感じになっていない?
いくら保守的な地域だとしていてもこれは、ひどすぎる。

現実は、お友達との会話のなかで、
「放射能を口にだせない」人が多い。

なぜなのか?考えてみました。
「放射能を気にしていたら、生活していけない。知ったら怖いもの」という方に
意識を合わせていない?

放射能知識を知らない方に意識をあわせているような気がします。

放射能の危険性や現実はどうなっているのか?放射能知識が相手にあれば
「放射能を気にしていたら、生活していけない」という言葉はでないはず

少なくても、危険認識してできることは防御して生活していこう!の言葉がでるような・・

放射線除去行為や防御行為などが、神経質の言葉で片付けられてしまうのか?
神経質と言っている人は、多分知識の少ない人だと思う。
その知識の低い人に合わせてしまっていいのだろうか?

よくないよね・・・・
口に出せる世の中にしていこうよっ

この先、どのような影響がでるのか?人類未知の体験ゾーンに突入したからには、
無関心でいては、いけないし
核を甘くみてはいけないと思う。

福島は、本当に放射線除去をしようという動きが活発に感じます。
福島原発があり実際に桁違いで、線量の高い地域もありますし
地震・津波・放射線被害と3重苦
全国から福島を守ろうと声が盛んだと思います。
私もその一人で、福島を応援しています!!

ただ・・私の住む地域もおいていかないで欲しいという気持ちが強い。
福島県は、すでに子どもたちを健康管理しています。
なぜ?県境で区切られてしまうのか?わたしには全くわからない。
放射線は、距離でもなく地形や事故当時の風向きなどの影響を受けるはず・・・


仮に仮にねっ!
今回の低放射能が危険で被害がでてしまうとしたら・・・

今の現状だったら
被害がでてしまうのは、私の住む地域かも知れない(T_T)
線量があるにもかかわらず、意識をしないことは、
防御をしないことにつながるわけで・・・

地域全体で、事故以前の環境に戻すという意識をもたなければ!!
放射線の知識のある人で無関心の方がいれば、そんな方と
どうして無関心なのか?をお聞きしたいです。
多くのかたは知識がなくて無関心だと思っています。

関心を持ってもらえるように
どうにかしなくては、


3・11の津波の悲劇。
ある専門家は、津波の被害を予想していたと聞きます。
福島原発事故・・・小出先生、平井憲夫さんなど警告してきた人は
たくさんいたハズなのに・・・・
小さな声を無視しては、いけないって3・11で私たちは学んだハズなのに
その経験が生かされていないってどういう事なんだろう?
あれだけの悲劇が起こり防災意識は重要だと学んだハズなのに
目に見えないだけで、のんびり状態になっている。
こののんびり状態が、意識を低下する原因のひとつだと思う。

やっぱり、核災害に備えなくては、いけない。
地震大国日本、地震がいつどこに来るかはわからない。
地震災害にも備えるべきだし、原発が稼動している地域は
核災害にも備えておきましょう。ヨウ素剤だねっ。。。
鈴木元先生もヨウ素剤を飲ませるべきだったと・・・。

わたしは 子どもたちをがんや白血病になってほしくないのはもちろんだけれど
不妊症や糖尿病、ブラブラ病にだってなって欲しくない。
差別をされたくないです。

不妊治療を経験した私は、不妊治療の悲しさを知っています。
子どもたちに同じ思いをさせたくない。
子どもを授かることが全てではないけれど、

親としては、たくさんの選択肢を残してあげたい。
そんな気持ちです。

うちの子は、風邪から肺炎になってしまい
本当に危険だったことがあります。
いろいろな覚悟を決めたことがあるのです。

金曜日の日に熱がでて、ある医院さんへ結果風邪。土曜日も違うドクターに見てもらいました。
インフルエンザ、RSの検査をしてマイナスの結果がでて家で安静という指示をうけ
不安な日曜日をすごし月曜日の朝いちばんで医院さんへ
結果:酸素マスクをしながらドクターも乗り合わせていただいて、
救急車で大きな病院へ緊急入院。


1日で医師の診断が大きく変わってしまう。
病状が深刻化してしまうことがあるということを知って欲しい。
うちの娘は、貧血が大きな要因となりましたが。
入院してはじめて貧血だという事がわかりました・・・。

短時間の間でも免疫力が弱まってしまえば、生命の危機となってしまう
可能性があることを知ってもらいたい。

この経験があるので、多くのママが後悔しないように
わたしなりにメッセージをこめてブログをたちあげました。

被ばくで貧血になる可能性や抵抗力が低下するならば、
お母さんたちは、本当に気をつけてください。
子どもたちは、今後、ウィルスや細菌と戦っていかなければならないし
やっぱり、免疫力を高めていきましょう。

放射能の影響がなくても健康的に生きられるように
免疫力を高めることは重要ですよね^^


私たちは現実を生きている。命あるものは、必ず終わりがあるということを
認識してもらいたい。
大切なのは、どんな人生をいきるか?
どんな終わり方をするかということ
(だと個人的に思っています)

限りある生命の時間のなかでたくさんの愛を学んで欲しい

放射能で子どもたちの選択肢が狭くなってしまわぬように
コツコツと地道に働きかけていきます(*^o^*)
やりたいことは、たくさんあるのに
資金がなくできない。住宅ローンで常日頃ピーピーしている
私は、無力なんだな・・・とつくづく思います。
何かするためには、やっぱりお金も必要なんだな~と身にしみています。

なんだかいつも、話が脱線してしまいますが
一人の母親の思いを書いてみました^^

なんて言っている私ですが
3月から防御生活をしてきて
常に100%防御は精神的も経済的にも正直キツイです。
身がもちません。
なので、ある程度手を抜いています。
どこを手を抜くか?どこをしめるか?
コントロールしています。


追加2012年3月
この時期は、食品検査の情報が少なかったので私の文章から
焦り感が感じます。
この後、福島へ週2回食品検査スタッフとして働きました。
収穫の秋ということもあって
数千という福島県内の玄米の検体をしました。
お野菜や牛乳など食品も検体しまいた。

年末には、まるごと検査にも参加させていただき
我が家の1日分の食事のセシウムのベクレルを知ることができました。

生産物の移行は少ないと思っています。
ブログを読み返すとこの時期は、情報を知らなかったので
新米からどれだけ移行してしまうのか?の焦りを感じますね^^

今は 放射線を気にしていない人でもそれほどセシウムを摂取して
いないと思っています。
調べることにより安堵感があります。


どちらかといえば、地産地消を目指し応援という気持ちが強いです。







スポンサーサイト
思うこと | 【2011-09-01(Thu) 09:29:11】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

9月21日 那須塩原市黒磯文化会館 白石久二雄氏講演会 

新学期が始まりました♪
娘よ~人生は、楽しいということを学んでおくれ^^

今回の福島原発事故の放出したセシウムは、ヒロシマ原爆の168倍だそうです。
<保安院が試算公表>
原爆よりも汚染度は高いことは、知っていたけれど168倍と聞くと
やっぱり衝撃的な事が起こっているってことを認識しないといけないねっ。

3月12日に福島原発の映像を見た瞬間から本当に危険だと感じていたので
いろいろ調べて知識を得たけれど、、
素人の私が、あれこれ話していいのだろうか?と思っていました。
もんもんと悩むより、やっぱり行動するのみ!

なので実行委員会を立ち上げて、みなさんもご存知の方
白石久二雄氏の講演会を開くことに決意しました!!


子どもたちを守るためには、やっぱり ママが放射能を学ぶことが一番!

放射線を気にしていないお母さんや難しいことはよくわからないお母さんに
調理法で放射線を低減することができる、食べ物で防ぐことができることを知ってもらいたい。
食卓を管理するお母さんが学ぶ為には、白石先生が一番よいと判断しました。
放射能に関することがわからなくても調理法など学べば、実践的です^^

ママだけじゃなくて、おばあちゃまもぜひぜひ講演会へ足を運んでください。
パパは、これないと思うけれど、来られる方は足を運んでください^^

土曜日や日曜日にしなかったのは、おチビちゃんが幼稚園や保育園、学校へ行っている
間に聞きたいだろうと勝手に推測して平日にしました。
なによりもお母さんに学んでほしい。その思いです。

そして mieママ発「放射能」という言葉を気軽に話せる世の中にしようプロジェクト第一弾!
なんてちゃって(^m^)
でも、講演会を開けば、誰かに会います、
その誰かと今後放射能について会話ができるようになるねっ
つながって、つながって一人一人が意識すれば、
地域全体を変えられるハズ。

話せる環境づくり!大切だと私は思います(*^o^*)

講演会が一番重要なんだけれど
白石久二雄氏の講演内容を共有することによって
今後、人と人とが、つながるように、いろんな気持ちをこめて、
私は。実行委員会をたちあげてもくもく
がんばっています。
この祈りが地域全体、、ん・・・線量ある地域と広がりますように


白石久二雄氏講演会

PDFファイルはこちらから→こちら

※このまま印刷してしまうと縮小されてしまうので
 印刷→ページの処理→ページの拡大・縮小→「用紙に合わせる」にして
 印刷してください。
 


人生ではじめて講演会を開く側にたちました。のんびりママだった私自身がびっくりよっ^^


はじめての経験ばかり、要領の悪い私ですが、なんとか成功させたいと思っています。
はじめは、一人で行動していましたが、協力していただける方も。心強い味方ができました!
本当に感謝です。
やっぱり一人では何にもできません。
娘のお友達のママも、何か手伝えることがない?と言ってもらえました(>_<)
ありがとう。当日のお手伝いおねがいするよ~~~っ

うん!なんとか流れができてきました。

まだまだやることは、たくさんありますが
とくかく前にすすもう!

事故以前よりも
私自身は、人とつながってきている気がします♪


講演会資金準備でいろいろな方にご協力のお話をさせていただいています。
スポンサー探しをがんばっています。
応援していただける方もいらっしゃいますが、
最終的によく言われること
「もうすでに多く震災活動や講演会へ募金したりしているからね」
たしかに、多くの方がお亡くなりになったり、津波がもたらした被害は
想像を絶するものだと思っています。
ものすごくわかります。
私も少しですが、募金をしたり支援物資を届けてもらいました。
企業や園などは、たくさんのお金を使われて大変だと思います。


無理を承知で企業や子ども達と関係のある経営者の方など
資金援助の声をかけさせていただいています。
資金援助をいただけないのは、残念ですが、無理してまでいただこうとは
思っていません。

ただ・・思いが通じないのは、悲しいです。

心が折れそうなお言葉をいただいたりします。。。
それが、小さな子どもたちの教育に関わる人だとしたら。。。。
なぜ?通じないのか?
私の説明が悪いのか?
無力さを感じてしまいます。

現実は、うまくいかないので・・・泣いてしまったり、心が折れそうなことも
本気でやめたい。と思うこともありました。
たくさんありますが、活動しているひとは、みんな同じ気持ちなのでしょう。

でもがんばれ!!って背中をどーんと押してくれる方もいらっしゃいます♪
心から励ましの言葉をかけていただいちゃうと
抑えきれずに、今までのスットッパーが外れて
本気で、泣いてしまうんです(^m^)
悔し涙とは、別で、、なんて表現したらいいのだろう?
胸があつくなって、充電されるような気持ちになるのかな^^

前に進もう!
よし!
がんばるぞっ!

なんとか形になってきたので告知できるようになりました!!!
まだまだ資金が確保されていないけれど・・・21日まで時間はあります。

本当は、会場費を無料にしたかったのだけれど・・・無理でした(T_T)
私の力不足ですみませんm(__)m

興味のある方は、ぜひ、講演会に足を運んでください。


私がお願いしていた、または応援する為にと口実を作って
関心のないお友達を誘って
来てください^^
その方が、誘いやすいです^^
少しは、関心がもたれると思います(*^o^*)

言いたかったことが言える世の中を
心強い味方がどんどんふえますよっ

どうしたら?関心の薄いママさんを呼べるか?
とにかくアピールするのみ!
今まで無関心だったママさんが、、もしかしたら
積極的に子どもを守る頼もしいママに変身するかも知れません^^

そのきっかけづくりです。

ブログをお持ちのみなさん告知のご協力おねがいします。
特に栃木県や福島県南部のみなさ~~んお願いしますm(__)m
ツイッターで宣伝してくださいm(__)m
栃木に住むお友達をお持ちの方へ
その方に情報提供よろしくお願いします。
もちろん、白河近辺でしたら、無理なく来られる距離なので
福島のみなさん、ぜひ足を運んでくださいm(__)m

給食の栄養管理する栄養士さんや学校関係者、教育関係者のみなさん
本当に来て下さい。お待ちしております。



東京近隣の方へ

そして白石久二雄氏は、
CIGR国際シンポジウム2011
9月22日タワーホール船堀大ホールで公開講座があります。
お近くの方は、足を運んでみてください。



それから

いつもブログ拍手ありがとうございますm(__)m
応援メールや拍手でのあたたかいメッセージありがとうございます。
ひとつ、ひとつのメッセージが心にガツンと響き
みんな同じ事を思っているんだと改めて胸に伝わってきます。

落ち込んだとき、悩んだときにメッセージが、
私の元気の源になっています。

拍手でのコメントはお返しできませんが、
きちんと読ませていただいています。

ここで一言ですが、お返事させてください。

「みなさん、ありがとうございます」

9月21日にむけてダッシュします^^
それが終わったらひとまず、休憩して
ペースを落とします。
娘達の時間を作ってあげないと
3月から教えてあげない事をやってあげてない。
幼いときに学ばないといけないことはたくさんあるので
少し娘達の時間優先します^^

いろいろとお金を使ってしまっているので
アルバイトもしないと(*^o^*)


ブログは、続けていきます。
放射能に関心ある社会になった~と思ったときには
必要ないので、やめますが、、
それまでは、コツコツと続けていきたいなぁと思っています。

ブログやHPネットのなかでは、比較的簡単に放射能のことを発言できます。
インターネットの世界だけじゃなくて、現実社会も変えて行きたいです^^
現実社会は・・・正直厳しい、、
コツコツとアクションをしていきます^^


お知らせ | 【2011-09-02(Fri) 23:51:28】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

取材を受けました。

本日地元のテレビ局から取材を受けました
今週は、地元の新聞社からも取材をいただいていて
バタバタしています。

白石久二雄氏の講演会をたちあげた私は、
一人でも多くの方に聞いてもらいたい気持ちが大きい。
なので、今回とてもよいお話しでしたので
ありがたくお受けさせていただきました。

以前、テレビ朝日の報道ステーションにも白石久二雄氏の翻訳した
「チェルノブイリ放射能と栄養」の本を持っていて
調理法を実践している主婦の一人として少しだけ取材を受けました。

報道された次の日に「昨日のニュースを見ました。もしかしてmieママさんではないですか?」
とメールを何人かの方にいただいてびっくりです。
ご推測は大当たり。苗字しか名乗っていないのに、私とわかったみなさんの推測は
すばらしい(^m^)映ったのは私とその家族でした。

そのときに、、、フルネームで報道されるのが怖くて・・・苗字だけでお願いしますと
言ってしまいました・・・。
差別されてしまう意識があったんだと思います。

それじゃ、変わらないと思った私は、今回、勇気を出してフルネームで取材を受け
ブログを書いていることも伝えています。

2、3日後に、地元新聞と地元テレビに小さくですが、報道されます。
小心者の私にとっては、勇気ある一歩です。
世の中っていうのは、出る釘は、打たれるものです(T_T)
交友関係など。どーなってしまうのだろうといろいろ考えますが、、、
進むことを決意。なるようになれです。

放射能という言葉が、いえる世の中を望む私のはじめの一歩です^^

余談ですが、
相変わらず、カメラが回っているときには、間違ってはいけない!などのプレッシャーから
へんな敬語になってしまって、うまく話せません(T_T)
カメラが回っていないと、普通に熱く語れるのですが・・・

ブログのように熱い熱意は・・・伝わらないと思います(-_-)


それから一足早く、白石久二雄氏から
「福島原発事故 放射能と栄養」の本をいただきました。
(先生ありがとうございます^^)
私が予約した分は、弟にあげよう!

チェルノブイリ放射能と栄養と比べると基本的な内容は、似ていますが
今回の本の方がとても理解しやすいです!
調理レシピも通常のレシピとして活用しやすいです^^
もうすでに今晩のごはんとしてレシピを活用してしまいました。

チェルノブイリ版を持っている方も新たに福島版を購入しても個人的によいと思いました。
悩んでいる方は、一度図書館で借りてみてもよいと思います^^







未分類 | 【2011-09-08(Thu) 01:00:00】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。