スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

甲状腺にセシウムが蓄積 人体に入った放射性セシウム

甲状腺にセシウムが蓄積するようです。

セシウムの半減期は、30年
我が家の庭は、1.0μSv越えなので
この数値は、多分セシウムを感知しているんだよね・・・。

そうなると、やっぱり気をひきしめなくてはねっ

甲状腺にセシウムが蓄積するというのは、
ベラルーシの部屋」でも木下黄太さんのブログや「buveryの日記」などなど意見はいろいろですが、みなさん記事として書かれていますので
参考に見てください。

<ベラルーシの部屋参照>

この件については、
ユーリーバンダジェフスキー著
「人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響」の中で報告されています。

■ユーリーバンダジェフスキー氏の紹介■

ジュニア研究者として中央科学研究所で働き後に所長になりました。
1988年に博士の学位を得て1991年教授となり
1990年にゴメリ医大を設立し1999年まで学長、病理学部長でもありました。
多くの国際学会のメンバーでベラルーシコムソモール賞を受け
アルバート・シュバイツアーのゴールドメダルやボーランド医学アカデミーの
ゴルドスターを授与されました。
240以上の研究を発表し6編の論文集と2冊の著書があり7件の特許をもつ。
約30の学位論文が彼の指導下に作られました。

バンダシェフスキー氏の論文は、低線量の放射線は、健康にほとんど影響しないという
政府の方針に反するので、政府は入学試験の賄賂汚職の容疑でつかまってしまいました。
復職は、できずに今はキエフに住んでいるようです。

チェルノブイリの子どもを救おう会の代表でもある
茨城大学 名誉教授の 久保田 護氏が緊急に翻訳され
久保田教授から直接購入することができますので
ぜひ、興味のある方は、ご購入されてお読みになってください

メールアドレス
mkubota925@yahoo.co.jp

先生からブログでお知らせしてもよいと許可を得ましたので
載せさせていただきます。





スポンサーサイト
放射能 | 【2011-08-01(Mon) 22:07:49】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

日経ヘルス 9月号 放射能に負けない食べ方ガイド




日経ヘルスに「チェルノブイリ:放射能と栄養」翻訳者である
元:放医研内部ひばく評価室長だった白石久二雄氏

放医研の研究基盤センター長の内田滋夫氏

玉川大学農学部:生命化学科の八並 一寿准教授による

「放射能に負けない食べ方ガイド」として特集があります^^

ぜひ、本屋さんにたちよってみてください♪
読みやすくわかりやすい対処法が書かれています。


㈱宮帯出版社から白石先生による「福島原発事故 放射能と栄養」が
8月末に刊行されるそうです^^

今から本屋さんに予約すると発売日に読めそうですね^^






お知らせ | 【2011-08-05(Fri) 04:33:47】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

放射能について

8月6日は、1945年広島市にウラン原子爆弾がおとされた日でもあります。
3日後の8月9日には、長崎にもプルトニウム原子爆弾が落とされました。
多くの方がお亡くなりになり、また後遺症でも苦しみました。

朝日新聞「広島・長崎の記憶~被爆者からのメッセージ」のWEBサイトにて
被爆者のつづる被爆の実相や核兵器廃絶への願いに、ぜひ目を通してみてください。


どれだけツライ思いをし、世界から核兵器をなくそうと活動が行われていても
戦争が起これば、形をかえて使用されてしまいます。

湾岸戦争で、「劣化ウラン弾」が使用されました。
劣化ウラン弾は、重金属毒性と放射性二つの点で人に害を及ぼします。

健康被害が報告されています。


見落としがちですが、1945年から世界で行われてきた数々の核実験。


笑顔でいられる未来を作るために
わたしたちは、核の扱い方について考えなくてはならないと思います。



那須塩原市周辺に住む方へ
黒磯公民館いきいきふれあいセンター
「平和をねがう原爆展」8月7日 日曜日 10:00~16:00
興味がある方は、立ち寄ってみてください。



放射能 | 【2011-08-06(Sat) 08:33:23】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

フォールアウトが、福島原発がはじめてではないということ。

実は戦後の日本で、一般大衆が放射性物質の被曝を受けるのは、
今回の福島原発の事故が初めてではありません。
戦後幾度も、「放射性物質の降下(フォールアウト)」を受けているのです。

戦後まもなく、米英ソの三国は大気圏内で核実験を繰り返し実施し、
1963年にPTBT調印後に米英ソの大気圏内の実験は止んだものの、
今度は中仏が大気圏内核実験に乗り出した。
大気圏内で核爆発実験を行うと、核分裂生成物質が大量に大気中に撒き散らされ、
風に運ばれて日本にも降ってきたのです。


日本に届いたフォールアウトは、主に次の3つに分類できます:

・1949~1963年の米ソ核実験

・1964~1981年の中国核実験

・1986年のチェルノブイリ

これらの放射能の測定値は、以下のように公表されています:

・フォールアウトのうちセシウム137, ストロンチウム60の濃度(1957-2003)

 http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01080428/02.gif

・大気中の放射性核種濃度(1962-1986)

 http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010104/08.gif

<SMCより>


福島原発事故をきっかけに、放射能について学ぶようになりました。
知れば知るほど、自分があまりにも無知だったことに
ショックというか、恥ずかしいというか。。。
危険を感じなければ、関心をもたない自分が情けない気持ちでいっぱいです。

核実験が行われてきたことは、知っていましたが
せいぜい20発程度のもので自分とは、関係のない世界と勘違いをしていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

核実験(かくじっけん)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持のために
実験的に核爆弾を爆発させることを指す。
1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。
そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)で
これは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する

wikipediaより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





実際に核実験での放射性物質は日本まで届いていたのです。
私も
フォールアウトされている環境の中で育ってきたわけですね。
その事にもビックリしています。

福島原発事故によりセシウムやストロンチウムがはじめて放出されたと思っていましたが、
どうやら違うようですね。

日本の環境放射能と放射線」のホームページの中の「食品と放射能」へ
過去の食物にどのくらいのベクレルが含まれていたのか?を確認できますので
一度見てみては、いかがでしょうか^^

最近では、2009年度の各地の茶葉のなかにもストロンチウム90が 高いところで
0.95ベクレル検出されています。

1945年以降、土壌からも水道水からも食べ物からもセシウムやストロンチウムは検出されていたんですね。

過去から、放射線は身近にあったようです。

身近にあったとはいえ、今回のフォールアウトは京ベクレルですので
気をつけていきましょう。



================================


わたしなりに、がんばって調べて書いていますが、、、
見逃す点もあるかと思います。
責任逃れに聞こえてしまいますが、
数多くある情報の一部だと思ってください。



放射能 | 【2011-08-07(Sun) 19:34:18】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

栃木県のみなさんへ

栃木県民は、「ちたけ」=「チチタケ」というきのこが大好きです。
わたしも茄子と油で炒めてだし汁を作りうどんにして食べるのが大好きなのですが、
今年は・・・どれくらいセシウムが蓄積しているのか?
非常に気になっています。

ちたけを食べるのは、栃木県民が主です。

収穫時期は、7月下旬から旧盆ごろにかけてなので、ちょうど今です。

スーパーで購入するというよりも、近所のおじさんやおばさんが
「ちたけ狩り」をして、いただく形がおおいので・・・
セシウムがどれだけ検出されるのかが、心配です。

チチタケはチェルノブイリ原発事故の際、オーストリアやノルウェーで、
チチタケの仲間に多くの放射性セシウムが含まれていることが研究で分かった、
と「キノコは安全な食品か」(小川真著・築地書館)に書いてあるそうです。
<きのこライター:堀博美さんより>


チタケだけではなく、秋にかけてきのこ狩りの季節になります。

野生のきのこは、放射性物質がどれくらいあるのか?
わからないので
子供たちの口に入らないように注意をしなければなりません。

食べるならば、検査結果がでてから食べましょう。

野生のきのこは、本当に気をつけましょう。






放射能を取り込まない | 【2011-08-07(Sun) 22:25:18】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

3月からの体の変化

やはり、放射線による体への影響は、ひとそれぞれ。

一番にしたことは、
私は食事を変えました。

・白石久仁雄氏が翻訳された「チェルノブイリ:放射能と栄養」の本を
 自分なりにアレンジしていますが、参考にしています。
 
 8月末に福島版として出版されますのでそちらをご購入されても
 よいかと思います^^
 

・ヨウ素やカリウム、カルシウムの摂取を心がけています。
 昆布は、すべてにおいて優秀です^^
 アルギン酸も多く含まれるので、いうことなし!
 でも、とり過ぎには気をつけましょう。
 

・白米から玄米へ(よくかむことを教えています。)
・味噌を多めに摂取しています。
 熟成味噌を購入しました。お味噌汁にするには、もったいないので
 きゅうりにつけたり、味噌おにぎりに使ったり熱を通さないで摂取します。
・三温糖からきび砂糖へ黒糖も混ぜて使っています。
・食物繊維を多めにとっています。
 ごぼう、こんにゃく料理
 和食を見直して、マクロビや秋月辰一郎氏の本を参考にごはんを作っています。
・たまに食用炭でお菓子を作ります^^
・乳酸菌と酵素を多くとるようにしています。
・ラクトフェリンのスキムミルクを使っています。熱に弱いので注意ください。
・発酵玄米ごはんをたまに作ります^^
・お水をバナジウム水とRO水を使っています。
・精白していない食べ物を使うように心がけています。

IMGP5019.jpg

発酵玄米ごはん


IMGP5020.jpg

とろろ昆布とごまのフォカッチャ
<全粒粉を三分の一使って>




気になったときに、アップルペクチンとスピルリナを摂取しています。
日ごろから食物繊維を多めにとるので、子供に、ペクチンは、大量摂取はさせていません。
いろいろなサプリメントを購入しましたが、
我が家の経済的理由や娘たちも摂取できるものをふるいにかけたら
続けられるのは、ペクチンとスピルリナとなりました。


私の体の変化といえば、以前は、餓鬼のように甘いものをほしがりましたが
基本的には、甘いもの♪好きですが、以前よりは、食べなくなってきました。
体があまりほしがらないような気がします。

何よりも おならのにおいが気にならなくなりました。
私は、震災前に手術をしています。

腸内環境は、きっと最悪だったに違いありません。

術後からなぜか?おならのにおいが、ひどくなったのです。
気にするほど くさかったのですが、
食事を変えてから、気にならなくなりました。

これは、正直びっくりしています。


何がよかったのか?わかりませんが^^

毎日食べる食事を変えたのが一番よかったのかも知れません。
できること、つづけられることを
つづけていきたいと思っています。



今後、低放射能地域で住み続ける子供たちは、食が大切になってくると思っています。

・福岡市のふたば幼稚園
・福岡市の高取保育園
・山口県の暁の星幼稚園

マクロビの考え方を実際に取り入れている園もあるんですね^^
園独自でアレンジをしていると思います。

ふたば幼稚園のHPで献立が見られます。
拝見さえていただきましたが、すごい!の一言。
テンペも梅干もぬか漬けも献立メニューとしてあります。
お味噌汁も出されています。

食べ物でいのちは、作れれていくのよ。
食べ物を食べることは、大切だし、幼いころに学ぶことも大切と
園長先生は、おしゃっていただきました。

園長先生が本当に子供たちのことを考えているんだと
感じることができました。

線量の高い地域の園や学校の関係者の方が読まれていたら、少しリクエスト。

完全マクロビ給食に変えて欲しいという訳では、ありません。
できる範囲ないで、学校や園でも食の大切さを教える為の
教育の一環として取り入れられるところを取り入れてもらいたいと
マクロビと言葉を使うと抵抗ある方もいるとおもうので
古来からある日本食をもう一度見直ししていただきたい
そして子供たちへ子供たちに食の大切さを教えてあげてください
お願いしますm(__)mと思っています。

無理なくいいとこどりの考えで(^-^)





私の対策 | 【2011-08-08(Mon) 12:41:25】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

福島原発 放射能と栄養 著書:白石久仁雄 元放医研内部被ばく評価室長

表紙画像[2]
福島原発 放射能と栄養



「チェルノブイリ:放射能と栄養」の本を翻訳された
白石久仁雄氏が今回の事故を心配されて
「福島原発放射能と栄養」の本を8月末に緊急出版されます。

タイトル:福島原発、放射能と栄養
著者:白石久二雄
出版社:宮帯出版
価格:935円

「チェルノブイリ放射能と栄養」の本は自費出版で
手に入れるのが難しかったのですが、
今度は、本屋さんで購入できます^^もちろん図書館でも予約できます。
インターネットだとアマゾンさんで予約購入できると思います。

福島原発事故 放射能と栄養

新品価格
¥935から
(2011/8/11 00:19時点)






白石先生にブログに載せて良いと許可がおりましたのでご紹介させていただきました。

チェルノブイリ:放射能と栄養の本の件で
僕のところに来たのが
君が一番早かったからね~と声をかけていただきました^^

はい^^必死になって探しましたから^^
無事に出版の動きになってよかったです!

この本は、訳本を基本に(いいとこ取りして)日本のデータを追加したものです。
栄養学と放射線防護学の2本柱は崩していません。
他書に見られない基礎から応用までのヘビーな内容です。
著者がいうのも何ですが、この本は理念のつまった良書です!

と教えていただきました^^

ママは放射能を学びましょう!





お知らせ | 【2011-08-10(Wed) 23:27:13】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

野菜に含まれる放射性物質は CAPTUS 3000 で検査。

マクロビ精神に
「身土不二」と「一物全体」があります。

■「身土不二」は、地元の旬の食品や伝統食が身体に良いとされています。
 地産地消のことかな^^

■「一物全体」は、一つの食品を丸ごと食べることが体によい
  玄米だったり、お野菜を皮ごと食べましょうということのようですね

体によいことは、したいけれど、、放射能汚染が気になるところ。

ではお野菜の安全を確かめてみました^^

栃木県のHPでは、県産農産物の放射能モニタリング検査
農産物の結果がわかります。

現在の検査結果→こちら
栃木県農産物検査結果

未検出と書いてあって安心できるのですが、、
メルトダウンを隠されていたから疑いたくなります。
未検出だけのお野菜だけを載せているのでは?なんて
疑いがありました。

6月初旬に地元のお野菜をシンチレーション式サーベイメーターで
目の前で実際に測っていただいた機会がありました。
記事としての許可が下りなかったので、書けませんでしたが
今度は書けます!!


本当のところは、どうなのか?
線量の高い産地で取れたものがどれくらいあるのか?
地元で採れたじゃがいもとトマトを測ることをまたまた決意!

・栃木県N地区のじゃがいも
・栃木県K地区のじゃがいも
・栃木県K地区のトマト

ハウスではなく露地です。
お野菜をもっていざ福島へ♪

福島のグラントマト株式会社の放射線研究所の方で調べていただきした。

懇願して私のわがままを何とか聞いていただいて
実際に自分の目で見る機会ができました!
南條社長さま、本当にありがとうございましたm(__)m

Captus 3000という測定器で調べていただきました。

結果は、未検出レベル!

一般的な検査機関では10ベクレル以下は未検出となります。

Captus 3000での未検出とされる数値は、5ベクレル
 5Bqを基準に検査結果を公開しています。

自分でもびっくり!!!
驚きが隠せません!すごくうれしかった(ρ_;)
正直、100ベクレルとか数値が出たらどうしようと思っていましたから。。

数値がわかれば、今後疑いの心無くお野菜が食べられるね^^
何よりも農家さんたちのよい知らせだと思います!!

それと自分のおうちでも自家菜園ができる~~っ
フォールアウトしてしまったので
あきらめていたけれど、、、希望が見えてきました!

楽天市場の会津CROPSさんで
調べていただけるので、気になっている方、実際に検査してみてください^^

Captus 3000は、セシウム134・セシウム137・ヨウ素131の測定

Captus 3000
鉛でできている容器にいれます。。。

モニター




LD200は合算したベクレルを測定
LD200


民間でこれだけの計測器を用意した南條氏は、妥協せず、安全なお米を提供するという
販売者のプライドのようなものを感じました。


研究所で福島や各地で採れたお野菜や牛乳を実際に調べられていて
その資料なども見せていただきました。
びっくり~~~~
ほぼ検出されていない。
セシウムは、あっても一桁です。
(Captus 3000)

LD200(ドイツ製)で測るとセシウムやヨウ素以外にある放射線をすべて
合算して検出しますので
数値は、高めにでます^^

※すべてというのは、自然界からの放射能や
過去の原爆や核実験、チェルノブイリ事故でフォールアウトされ
残っている放射性物質のことだと思われます。



南條社長のブログを読んでいただければ、
より詳しく食品からの数字がわかると思います!
不安な方は、一度訪問してみてください^^

不思議なことで、福島の牛乳よりも九州の牛乳の方が高い数値となっています。
誤解してほしくないのは、九州の牛乳が危険だと言っている訳ではありません。
多分、地質学的に自然放射線量が高いのでしょう。
(南條社長ブログ:牛乳のベクレルを測りましたより)



知り合いの方が、N地区で採れたじゃがいもをある検査機関に頼んで
測っていただいた時の検査結果が、130ベクレルでした。
同じ地区のじゃがいもでも、少し離れただけで数値が変わるものなのか?
私の疑問を社長に伝えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

測定する機械によって数値は違ってくるそうです。
どの機械で測ったか?ということが重要になってくる。

同じものをLD200とCaptus 3000では、若干数値は違う。
LD200の方が、高めに測定されるということ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そーだよねっ
販売している国や機種によっても測定される数値が違うということは、
みなさん
ガイガーカウンターの件で認識されているハズ
日本製、中国製、ドイツ製、ウクライナ製、アメリカ製でも違いますし
2万~30万とお値段でも性能は違ってきます。


それと一緒の考えだと思う。
検査機関の機械の精密さがないと
正確な数字を出すことはできない訳だっ
納得!
検査機関だって臨時の事が起こったので、あわてて用意したに違いないねっ(*^o^*)

後日、知り合いの方が頼んだ検査機関は、本当に簡易的なタイプの
機械でした。

私が持参したじゃがいもとトマトの計測したデータはこちら

トマトK地区
トマト

じゃがいもK地区
k

じゃがいもN地区
IMG_003.jpg

※3つの検査試料の Ⅰ131に微量な値が出ているのは、
すべて他の核種(自然核種)のノイズによるものです。
ですので、半減期などから考えても実際は「ゼロBq」です。との事でした。

土壌の数値が高いにもかかわらず、野菜にセシウムが移行しないのは、
不思議ですねっ!!

これならば、ドイツ放射線防護令第47条もクリアできますねっ^^

・乳児  (1歳未満)    :セシウム137---5.0Bq/kg
・幼児  (1~2歳未満)  :セシウム137---10.7Bq/kg
・子ども (2~7歳未満)  :セシウム137---11.5Bq/kg
・子ども (7~12歳未満) :セシウム137---8.3Bq/kg
・青少年 (12~17歳未満):セシウム137---5.7Bq/kg
・成人  (17歳以上)   :セシウム137---7.7Bq/kg

一方では、評価の根拠に不確実性があるため
乳児、幼児、子ども、青年に対しては、1kgベクレルあたり4ベクレル以上
成人には、8べクレル以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨されると
書かれていました。
<日本における放射線リスク最小化のための提言から>
翻訳:松井英介 (岐阜環境医学研究所所長)
   嘉指信雄 (NO DU ヒロシマ・プロジェクト代表)

検査した中でのセシウム137が一番高かったのは、トマトの3.8ベクレルでしたが
1kgベクレルあたり4ベクレル以下だったので、クリア!

検査に持っていったお野菜は、水で泥を落としたレベルのじゃがいもです。
よく洗っていません。
トマトは洗って持ち込みしていません!
なので、よく洗ったり皮をむいたりすれば、
もっと放射性物質は低減すると思います。

最終的に、選択するのは、自分です。
白石氏の調理法を行ったり、
宅配お野菜を活用してもよいと思います。


まだまだ情報不足の日本。
少しづつ正確なデータとして発表されるとよいですね^^

風評被害につながるのは、暫定基準値が高すぎるのが問題なのかもしれません。

生産者と子供を持つ母親の立場で
両方の痛みで苦しんでいるママ、泣いている生産者のお母さんたちに
本当に安心してもらいたい!
復興してもらいたい気持ちでいっぱいです。

それには、今後のたくさんの正しい情報が必要だと思っています。

たくさんの問題も出てくると思われますし対策も必要です。
ひとつ、ひとつクリアして
ママも子どもたちもそして家族が、笑顔でいられる明るい未来を願って




Captus 3000は、セシウム134・セシウム137・ヨウ素131の測定




合算したベクレルが知りたい方は、LD200!


================================


情報提供という形をとっています。
数値を見てどう判断するかは、考え方は、人それぞれちがいますので
個人判断してくださいm(__)m


わたしなりに、がんばって調べて書いていますが、、、
見逃す点もあるかと思います。
責任逃れに聞こえてしまいますが、
数多くある情報の一部だと思ってください。





調べる | 【2011-08-13(Sat) 23:36:01】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

茨城:収穫前の米から微量セシウム 

茨城の収穫前の米から微量セシウムが検出されました。
鉾田市では3か所で検査が行われ、
このうち1か所で玄米1キログラム当たり
セシウム134・・・23ベクレル
セシウム137・・・29ベクレル
   合わせて・・・52ベクレル の放射性セシウムが検出されたということです。
と報道がありました。

茨城県 平成23年8月19日 米放射性物質検査結果

みなさんもきっとご存知ですね。
52ベクレルか・・・・。

52ベクレルを高いととるか低いととるかは、それぞれだと思いますが、
じゃがいもの数値で少しホッとしていた私としては、ハンマーで頭をおもっきり殴れれた気分です(T_T)

栃木県、福島県など検査をしていない地域のお米はどのくらい検出されるのかな~
未検出であって欲しいですね。


K地区の畑でとれたじゃがいもは、
セシウム137・・・1.9ベクレル
セシウム134・・・3.6ベクレル
合計5.4ベクレル
でした。
K地区の土壌は、1700ベクレルあります。
1700ベクレルあるにもかかわらず、合計5.4ベクレル。

茨城県で4月8日での土壌の検査結果で
鉾田市の数値がなかったのですが、近隣の土壌検査結果を参考にすれば、
200~400ベクレルの間かと思われます。
400ベクレルとして、合計52ベクレル

畑と水田では、セシウムの移行は違ってくるのでしょうか?
なぞです???

お米は主食で毎日摂取する食べ物。
微量でも毎日摂取すれば、それだけ蓄積してしまうので気ををつけないといけないと思っています。

検査結果セシウムが検出されてしまったのは、仕方ありません。
今後どうしたら0ベクレルに近づけられるか?が重要だとおもっています。

・玄米を水洗いすれば、どのくらい減るのか?

・白米にすれば、セシウムは、どのくらい減るのか?

・白米を水洗いすれば、どのくらい減るのか?

その数値も気になります。


消費者は、産地を選んで購入できますが、
産地を選べない方もいることを忘れてはいけないと思っています。

どんな形であれ、0ベクレルになるように対策をしていかなければならないと!


稲は、いろんな形で品種改良されているので
コシヒカリ、ササニシキなど品種によってもセシウムの移行が違ってくるのかな?
今後、日本の技術でセシウムを移行しないような稲の品種改良をしてもらいたいです。

日本は、土壌を改良したり、いろんなことをしていきましょう。
実際に私は、何もできませんが・・・
ブログで気持ちや情報を発信することは、できます。
誰かが、誰かにつながっていってよい方向へ向かっていく事を願っています。

線量のある生産物をどうにかして
0ベクレルにしていこう!という気持ちも大切だと思っています。

がんばれ日本!

そして、、、ついでに、がんばれ私(*^o^*)


================================


情報提供という形をとっています。
数値を見てどう判断するかは、考え方は、人それぞれちがいますので
個人判断してくださいm(__)m



ニュース | 【2011-08-20(Sat) 10:08:30】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

那須塩原子どもを放射能から守る会 署名回収

那須塩原 放射能から子どもを守る会では、署名活動が行われています。

署名の目的はこの二つ
1.那須塩原市内の全学校・全幼稚園・全保育園の校庭において、例外なく表土
  の入れ替えを実現すること。
2.那須塩原市内全域、多地点特に子どもの生活圏である学校・幼稚園・保育
  園・通学路・公園などの線量調査を、行政の責任で行い、正確に地図上に発表すること。



昨日は、その最終回収日。
私は、お昼から5時過ぎまで集計をしていました。
最後までお手伝いできずにすみません。。。
22時まで作業が行われました。お疲れ様でした。

会のメンバー一人一人が集まるとすごいパワーになるんだと
その力のすごさに感動。

そして
たくさんの署名が集まって本当に嬉しいです!!
署名活動を行っていただいた方、署名を書いていただけた
すべての方に感謝です。

中には、やっと字をかけるようになったと思われる名前が書いてあったり
きっと、小さな子が自分で名前を書いてくれたんですね。

ローマ字で書いてあったり、きっと海外の方なのかな?
集計中に、涙がでるぐらい嬉しくなってしまいました。

署名用紙から思いが伝わってくるといいますか。。。
なんて表現をしたらいいのか。
本当に心からありがとうございます。と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

まだまだ「放射能」という言葉を出すのが難しい地域。
県民性なのかな~?
その中で署名活動をしていただいた皆さんに感謝です。

署名活動をするにあたって、つらい思いをした方もいるに違いありません。
旦那さんに活動をやめなさいと言われた方もいるでしょう。
自分の家族だけ守ればいいと言われた方もいるでしょう。
家族や周りに神経質と思われた方もいるでしょう。

それでも活動を行ってくれた方へ
「本当にありがとうございました」





未分類 | 【2011-08-21(Sun) 10:58:39】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。