スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

アップルペクチン

林檎には、食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富に入っています。

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」「医者いらず」の言葉があるぐらいですから
体にいいって事ですね(*^o^*)

その食物繊維にペクチンがあります。
りんごに入っているのでアップルペクチンって事ですね♪

ペクチンに放射性物質を排出する効果があると書いてありました。
(放射能と栄養の本から)
ベラルーシの部屋ブログの辰巳さんからもビタペクトが紹介されていました。

ビタペクト・・・・ペクチンが主成分のサプリメントと解釈してもいいよね^^

日本でもアップルペクチンのサプリメントが販売されていますが、
ペクチンの含有量がビタペクトと比較するとかなり少ないです。

サプリメントにもよりますが、一粒300mg
ビタペクトは、約4g

皮付きリンゴ一個(約200g)当たり約0.2~0.8%(約0.4~1.6g)含み、
食物繊維としては2%(約4g)含むので、ペクチンの効果的な一日摂取量を2g/dayとすれば、
リンゴ一個半から五個を食べることになるが食物繊維も存在することから
毎日皮付きリンゴ二個程度が推奨される
(ネステレンコ博士論文で使用されたVitapectは毎日10g(5gX2回)
服用しているがペクチン質が20%なのでアップルペクチンとして2gを摂取したことになる)

引用させていただきました。リンク元アーユルヴェーダ・サトヴィックさまより
和訳論文「チェルノブイリ地区の放射性物質からの開放


=====================================================================

アップルペクチンが、手作りできます^^

神奈川県農業技術センターのHPに作り方があります。
「農作物の上手な利用法」をクリックして下さい。
リンゴの項目にアップルペクチンがあります。

自分で作るので安全ですね!!!
少し手間は、かかりますが、なによりも安全です^^

<情報提供:mameさん、syusyuさん>

りんごは、貯蔵性が高い!それプラス貯蔵技術の進歩により
1年中食べられるようになったので
今流通しているのは、昨年の秋に収穫された林檎だと思います。

今年の秋に収穫される林檎が心配になってきます。
各産地の検出情報をチェックしていきましょう。


=====================================================================



ペクチン100%は、インターネットで販売されています。
我が家にもあるのですが、、
・・・うちの子は、食べません・・・(T_T)
大量に余ってしまっています(-_-)

私が食べているのでいいかなっ^^
本当は子供が食べてもらいたいのですが、、
お友達の子も食べないようです・・・。
子供は舌が敏感だからね


。。。さきほど販売先をリンクしていたのですが、、
いろいろ考えて削除させていただきました。
<アフィではないのですが>
安全だと思いますが、インターネットの薬局について
いろいろと噂があるので
みなさんに薦めてよいのか?迷っているのです。
自己判断になります。、
ん・・・悩みどころです。
リンクしても大丈夫?その時は自己判断ですよっ

販売先→クシロ薬局
ペクチンは、ミネラルも大切な栄養素も排出してしまう効果があります。
なので
子供は、2gまで!
大人は、4gまで!


むやみに大量摂取してはいけません。



======================================

インターネットや本で調べた浅い知識だと思っています。
数多くある情報の一部だと思ってください。

参考程度にお読みになってくださいm(__)m




スポンサーサイト
放射能を排出する | 【2011-05-23(Mon) 17:21:31】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。