スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

低放射能をずっと浴びるってこと

チェルノブイリ原発事故は、暴走型だったので
今回の福島原発の事故とちょっと違うみたいっ

どっか=====ん!!と大爆発して大量の放射性物質が
一気にでて、即終結させたチェルノブイリ。

パパっパア~~~ン!と爆発し放射性物質がでて
チェルノブイリほどでた訳ではないけれど
いまだに出続けている福島原発。
出続けていることによりチェルノブイリの汚染地域よりも
高い数値になってしまった飯館村。


同じ量の放射線でも、一瞬で浴びた場合と、
低い線量で長期にわたって浴びた場合では、影響は違ってきます。

一瞬で浴びた方が、DNAを直すのが追いつかないので
治す細胞がテンパッちゃってお手上げ状態になるみたい

じわじわぁ~~~と線量を浴び続ける(低放射能被ばく)
これが、福島原発の事故タイプです。

ゆっくり浴びるから、DNAが壊れても修復できやすいんだね
治す細胞が、テンパりにくい!

と私は今のところ解釈してます。


少し難しくなってしまいますが、
原発事故が起こった時の住民は、しきい値以下の線量で被ばくします。
健康状態の変化は目に見えないのでわかりませんが、
ガンなど発生頻度は、被ばくした総量に比例します。

LNT.jpg


※「しきい値」・・・境界線のこと!この線からは、影響があるよ
        でも、これ以下では影響はないよっと言ってる線


じゃぁ
低放射能被ばくって安全なの?
それを考えてみます。

=========低放射能動物実験==========

■自然放射よりも低い放射線量でもどうぶつの組織が
 悪化した。
■自然被ばくに比べて低放射の被ばくは、動物の器官の活動が
 活発に改善されたけれど、一部ガンが発病した

適切な量は、わかっていない。
世界のある偉大な科学者が、
「線量は、少ないほど好ましい」といっており、
それに我々も同意している

by ウクライナ医科学アカデミー放射線医学研究センター
  内部被ばく予防医学室長 V.Nコルズン

============================
2000年に発行された本に書いてあるから
実験は、もっと前のことだよね
10年も過ぎれば、研究も変わってくると思うけれど
やっぱり今の所、浴びない方がいいねっ

最新の研究で
低放射能被ばくによる安全説をとなえている稲恭宏先生がいます。
先生の本を読んでいないのでなんともいえません。
図書館で借り待ちの状態です。
読んだらまたUPします^^

一部とんでも先生って言われているけれど、
私は、本を読んで理解するまでは、否定しません!
安全説もあるなんて素敵じゃないですかっ
でも、先生の言っている安全説もどんなものなのかが
わからないので、知るまでは、否定・肯定もしてはいけないと思っています。

武田先生の記事にUPされてしまったのがきっかけで
とんでも先生って言われちゃったよっ

東大って事もあるし、、、(T_T)
東電のお抱え先生といわれても無理ないかっ
でも福島原発が起こる前から「低線量率放射線治療」を行っています
ガンの人末期がんの人が、
健康状態が改善したりしているのも事実です!
多くの人を苦しみから救っているのも事実です!
<By親戚>

歴史上、科学者などは、正論を唱えても
理解されにくいからねっ
地球が丸いって誰もが知っていたけれど
最初に言った人は、かなり叩かれたと思うよっ

本を読む価値はあると思っています。
読んでから判断しなくっちゃねっ!

安全がわかっても、、、
放射能は、危険だと私の頭の中にインプットされちゃったから
目の前に栃木産と北海道産があったら
北海道産を選んでしまうね・・・私。。。
今がそうだからっっ
ごめんよ~~栃木っっ
子供用ってことで、許してねっ

私と旦那さんは、栃木産洗って食べているわよっ♪
食材が栃木近辺のものしかない場合は
子供も一緒に食べますよっ

一人でもママさんに読んでもらえると嬉しいです^^
その為にランキング参加しています。
ポチッと押してくれたら
励みになります(*^o^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
放射能 | 【2011-05-10(Tue) 06:04:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

<放>ヨウ素にヨウ素、セシウムにカリウム、ストロンチウムにカルシウム♪

なんだか、しきい値なんて使ったりして
難しくなってきちゃったねっ・・・。
熱くなると・・・ついつい突き進んでしまうB型の私(^m^)

では
今話題のヨウ素とは、2種類あります!
昆布に含まれるヨウ素と放射能といっているヨウ素

体は、ホルモンを作るためにヨウ素が必要なんだ。
でもねっ
体は、ピカ==っって光っている危険なヨウ素なのか?
昆布の安全なヨウ素なのか?
区別がつかないから、さぁ大変!
お腹が空いた状態だったら、目の前にあるもの先に
食べてしまうよねっ!
うんうん(^m^)

例えると!
安全な昆布ヨウ素を食べるから、
「ちょっとだけ、、体さん待っていてね!!」と
言われても、空気中にピカッと光ったヨウ素が、
空気中にしかも大量にあるならば、
体は、待つことなく
危険なヨウ素を摂取しまうんだなっ(T_T)

摂取すれば、甲状腺で“ピャ====”と排出されるまで
光つづけて、DNAをめった切りにしちゃうんだねっ
修復しきれなければ、、甲状腺ガンなど
体に影響してしまうんだねっ(>_<)

<放>セシウムも同様に考えていいよっ
勘違いするのは、カリウムだから
勘違いする前にカリウムを取りましょう!

ストロンチウムもこれまた同じで
間違えてしまうのは、カルシウム。。。
なので骨に蓄積しちゃうんだなっ
ストロンチウムが大量に蓄積されるなるとよくないねっ
ベラルーシの子供たちは、左右長さが違う子が沢山いるらしいです


なので昆布に多く含まれるヨウ素や
りんご、バナナ、切干大根などに含まれるカリウム
チーズ、小魚、小エビなどに含まれるカルシウム
心がけて取ることが、
放射性物質を取り込まない大切ことです!!


ただ!取りすぎにも注意!
取りすぎると甲状腺の病気をおこすのです(;_;)
ヨウ素は、海産物にたくさん含まれていて
日本人は、昆布やらわかめ、海産物が大好き!なので
取りすぎてしまう人種なのっ

チェルノブイリで甲状腺ガンが多発したのは、
海がなくて、食卓にヨウ素を含む食べ物がでなかった為
不足気味だったんだね。。。食文化が違うんだねっ

そう考えると、食事で対策できるので安心するかなっ?

30年たたないと半減期がこないセシウム対策も
重要だから、カリウムが多く含む食材を取っていこう!

乾燥昆布ってヨウ素もカリウムもカルシウムも豊富に入っているし
アルギン酸ナトリウムもあるから、救世主のような食べ物だねっ!

アルギン酸ナトリウムは、放射性物質を包み込んで排出します!!!
いらないものは排泄してくれるんですね


アルギン酸ナトリウムは、放射性物質を排出するで詳しくUPします

取りすぎも甲状腺の病気になるので気をつけよう!!
カルシウムは、昆布ではなくて
チーズや小エビなどで摂取を!
または、サプリメントもおすすめです。
ちなみに西郷村でストロンチウムは検出されていますよっ
(栃木県境5kmぐらいで近いですよ~~~)

体に影響がある量なのか?まだ調べていませんが、
ヨウ素やセシウムよりもストロンチムは、排出しにくい物質なので
要注意です!

追加:西郷村で検出されたストロンチウムは・・・過去のフォールアウトの放射性物質かも知れません。


放射能を取り込まない | 【2011-05-10(Tue) 07:53:40】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。