スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

放射能について学ぼう!

まずは、放射能を知らないとねっ(*^o^*)
上から目線で話してしまうけどっっごめんね~~

福島原発が爆発して沢山の放射性物質が飛び散りました(>_<)
放射性ヨウ素や放射性セシウムなど、その他にもあるけれど
大量に放出されたのが、この二つ。

放射性物質は、小さな小さな砂粒だと思ってねっ
その粒には、種類があって
ヨウ素やセシウム、ストロンチウムなど
放射線を出すヨウ素は、「放射性ヨウ素」って言うんだよっ

一個一個が、“ピャ======ッ”って危険な光を出してるんだねっ!
(目に見えれば、いいんだけど目に見えないから厄介だっ ・・)
それが、「放射線」

ずっと出しているわけではなくて、時間とともに減っていくんだっ
それが、「半減期」
放射性ヨウ素だったら、8日たてば、半分にへる!
放射性セシウム・・・30年(-_-)

そして放射線を出す能力を「放射能」

光をだしきってしまえば、体に無害なものになるから安心だね

砂粒は、不安定な状態だから、、、安定しようとがんばるんだねっ^^
安定する為に、光(放射線)がでちゃうんだねっ

なるべく難しい言葉を使わないで、例えようとしたけれど・・・
通じるかしら?

きちんと知りたい方はリンク貼っておきます^^
日本分析センター やさしい学習室
中部電力 放射線と放射能
いろもの物理学者 前野昌弘氏 半減期ってなぁに?
赤い弾丸さま「教えて!mayu先生」

つぎは、放射線による体の影響は!について書きますねっ

一人でもママさんに読んでもらえると嬉しいです^^
その為にランキング参加しています。
ポチッと押してくれたら
励みになります(*^o^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
放射能 | 【2011-05-06(Fri) 18:59:47】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

放射能による健康被害は?

放射能による健康被害は、どうなのかな?
「被ばく」だねっ←自然界には、もともと放射能があって
         人間は常に被ばくしています。

日本では年間約1.1ミリシーベルト(平均値,ラドンを除く)です!
世界では、高い地域もあるのねっ(ブラジル、イラン)

図を参考にしてねっ

24a46a0f1aec1dd67a3f680e350fa055_convert_20110507113509.jpg

世界の平均値は年間1.2ミリシーベルト!

問題とされているのは、児童の年間基準値を政府が
1ミリシーベルトから 20ミリシーベルトにあげてしまったんだねっ
臨時の時→子供は10ミリまで(by原子力安全委員会)
臨時で10ミリだったハズじゃないのかなっっ!
それが、、20ミリかぁ~~っ。

原発があれだけ爆発して飛び散ったんだから、、
原発周辺に住んでいる方、周りの県に住む方など
年間1ミリで制限できるハズがないねっ
それは、わかります。

なので専門家の方々が、声を大きくして基準値を下げるべきと叫んでいます。
想像もつかないぐらい放射能を勉強してきた人たちですよっ

詳しくは→5月4日のわたしが思う放射能。をよんでねっ♪

アメリカでは、原発で働く大人と同じ基準値なんですから(-_-)
親としては納得いきません。
原発現場で働くパパが、赤ちゃんをおんぶして仕事をするって事よっ
そんな親は、絶対にいない!
絶対にない事が、原発が爆発しちゃったので・・・O.K.になってしまったよっ

政府の肩を持つわけじゃないけれど、
津波被害であれだけ大きな被害がある訳で・・・
1ミリシーベルトのままだったら、、、
100km圏内の人々は、軽くこえてるんじゃないかな?
1ミリシーベルトを超える範囲は、相当なものよっ!きっと!
計算してないからわからないけれど(-_-)

・3月半ばの数字のままだったら那須塩原市は、
 外部被ばくだけで、年間10ミリ超えた計算でした。

保障なんて騒がれたら。。。絶対に無理だよね・・・
財政の事よくわからないけれど・・・

保障よりもなにも、みんなパニックになるよねっ、、、
20ミリSVにあげるしかなかったのかな?

風評被害も拡大すると思うから、そうなると
農家さんも観光地ももっともっと大打撃だっ(T_T)

ゴールデンウィーク前の那須は、人がいなくて
G.Wあけに、自殺者がでてもおかしくないって言われていたんだっ
緑新のシーズンでも閑古鳥ないていました。
パパは、宅配屋さんだから那須の状況がわかるのよっ

きっと、会津や茨城の観光地でも同じだっただろうねっ
G,W那須は、かなりの人でにぎわったようで、ホッとしています(*^o^*)
本当に、よかった~~~っ
※決して、観光客の健康をないがしろにしている訳ではないのよ
 内部被ばくと外部被ばくなどのお話を時に書いていきます。
 観光対策についても書いていこうかなっ

福島原発事故だけだったら、対策は、違うものになっていたのかな?
現在津波被害で多くの方が被災しています。
多くの方がなくなっているし、家もなにもない状態。
ストレスも想像以上にあると思うし、
健康被害だって気になります。

原発で最前線にいる作業員の方だって心配でしかたないっ

優先するのは、支えないと倒れてしまう人達から!

そう考えると泣く泣くですが・・・
20ミリシーベルトで仕方ないのかな?と思う私と
1ミリシーベルト以上の放射線を
わが子を含めて多くの子供たちに浴びさせたくない私がいます。
頭で理解しようとする私と
本能的に危険回避する私。

話が矛盾していますねっ

とにかく!
20ミリシーベルトと決定しても
できるかぎり、子供たちには
放射能を浴びさせないように年間1ミリシーベルトを
目標に取り込まないように生活する!!

政府に頼らないで
自分で考え、自分で判断し、自己責任で行動する!!

人間は、放射性物質を排出することができるんです!
母親は、立ち上がろう!!!


一人でもママさんに読んでもらえると嬉しいです^^
その為にランキング参加しています。
ポチッと押してくれたら
励みになります(*^o^*)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

放射能 | 【2011-05-06(Fri) 23:08:37】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。