スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

微生物と放射線物質の関係は?

地球誕生からオゾン層が誕生し生物が地上に進出できるようになりました。
オゾン層は、宇宙からの放射線を防御してくれています。
オゾン層もかけてきているので、、そちらも問題なのですが・・・

放射性物質と共に進化してきたわけなので
太古から存在する微生物は、なにか期待できるものをもっているのではないのかな?と思っています。

酵母や乳酸菌、発酵食物いいと思うものは、微生物とつながっていきます。

以前、ツイッターで東海アマさんが
㈱高嶋開発工学総合研究所のことをつぶやいていたので
ホームページを見させていただきました。


微生物の力で2000cpmが120cpmまで下がっているとの事!
本当だったら素敵過ぎる!

高嶋さんと比嘉教授は、もともと共同研究をしていたようなので
EM効果ということになるのでしょうね。


福島も栃木も茨城も周辺の農家さんや生産者の方の希望です!

批判もあるようですが、否定してしまっては、そこで終わってしまいます。
やはり、なにか行動をおこして結果を見ることが大切ではないでしょうか?
と私は思います^^



重油で汚れた海をよみがえらせた田崎和江金大名誉教授は、
タンザニアの首都ドドマ近郊で、ウランなどの放射性物質の濃度が高い土壌中に、
同物質を吸着する細菌が生息していることを発見しました。

福島での調査に向け、田崎名誉教授は
「自然の中にはもともと大きな環境修復能力が備わっている。
微生物の力を生かした汚染土壌処理の可能性を探りたい」と意気込んでいるようです。

<富山新聞より>


飯山一郎氏のブログでも紹介されていたのでご存知の方は、いらっしゃると思いますが、、
光合成細菌が、磁石のように放射性物質をひきよせる効果があるようです。
光合成細菌は、広島国際学院大学の 佐々木健教授が研究されています。

佐々木健先生は、10年前から研究されつづけていて今後先生の研究に
注目です。その名も「イスカンダルバイオプロジェクト」
広島国際大学学院工学部
ENG Life blog
佐々木教授の研究で応用するのは、ロドバクター・スフェロイドという光合成細菌です。

先生のはなしによれば、光合成細菌は、放射能を磁石のようにひきつけるので
セラミックの穴にこの菌を居着かせて、水の中に入れると放射性物質をセラミックの中へ
吸着させることができるようです。
ひきよせて閉じ込めるのがよいとの事です^^
もちろんその閉じ込めたセラミックは、放射性廃棄物になりますので
管理が必要となってきますが・・・。
放射性物質を取り込んだセラミックをどのように管理、廃棄するか? という問題もありますが、
実験で除去が成功している放射性物質は、ウラン、コバルト、ストロンチウム。
理論上ではセシウムやプルトニウムにも対応できるそうです。

先生の研究にも期待!

我が家は、1.12μSvあります・・・ってなかなかの数値よっ(T_T)
我が家の庭もゆくゆくは下がるかな?
本当に自家菜園したいです。


土の中にいる微生物の力を引き出す為に耕すのがいいらしい。という意見もあります。
セシウムが混ざってしまうから危険だと
意見もあります。
どちらなのでしょう・・・。
チェルノブイリ汚染地域と日本では気候が違いますので
土の微生物環境もきっと違うでしょうね。
梅雨がある日本。どちらに転ぶのか?わかりませんが
よい方向にと願っています。

表面を除去し放射線物質がたくさんあり避けてある土で
EM菌をまいたり除去した土で実験するとかいいかもしれないですね!


我が家の庭は、まだ土を削っていません。
そのうち。。。削らなければ、、、ね^^

微生物の力に期待!

今の現代は情報社会、ちっぽけな私だってブログを通して考えを伝えられる^^
誰かの考えが誰かにつながっていくことを願っています。

================================


わたしなりに、がんばって調べて書いていますが、、、
見逃す点もあるかと思います。
責任逃れに聞こえてしまいますが、
数多くある情報の一部だと思ってください。





スポンサーサイト
生産者の希望 | 【2011-07-21(Thu) 10:26:39】 | Trackback:(0) | Comments:(49) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。