スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

今の状況をとにかく把握しよう

被ばくは、「核のエイズ」と言われています。

チェルノブイリの原発事故でベラルーシやウクライナなど甲状腺のガンが多発しました。

ガンだけではありません。
心臓発作、脳卒中、白内障、胃炎、胃潰瘍、視覚障害、など
さまざまな病気や障害がもたらされました。

ロシアの医師が診察したさいに体内の防衛システムが外敵に対して
まったく反応しない様子を見て「核のエイズだ」とつぶやいたそうです。

「病気を寄せつけない賢い生き方」より

チェルノブイリのアンケート調査


名称未設定 6のコピー
岩派ジュニア新書「チェルノブイリから広島へ」より

チェルノブイリでもスリーマイル事故でも直後に
金属の味を感じたと報告されています。
実は、我が家のパパさんも3月に同じこと言っていたの~~~(T_T)
軽く聞き流していたんだけれど・・・
本を読んで、我が家のパパの舌なかなかやるなっと感心。
さすが元料理人。

そして私ものどが痛い一人です。
今も痛い。

本の中では「広島病」を紹介されています。
広島では、被ばく者のほとんどが口をそろえて被ばく以来

「疲れやすい、根気がない、体の様々なところが痛む」
「生活欲がない、常に不安である」などを訴えたといいます。

大江健三郎さんも広島の人の症状について「ヒロシマノート」のなかで
「いささかの病気にも とらわれる体質じゃなかったのに
 あの日以後、どこという目立った兆候はないものの、確実に健康体ではない
 という打ち明け話を僕は、いくたび耳にしただろう。広島には、それらの症状について
 あのような人類未知の体験のあと、いかなる症状も原爆に関係なしとはいえない
 という考え方と、実際に致命的な原爆症を発してからでなければ、国庫の補助を
 期待できない、という現実の抵抗が共存しているのである」と書かれいます。

広島原爆病院長だった故・重藤文夫さんの言葉
「原爆を受けたからカゼをひいたという論理ではなく
 原爆を受けた体はカゼをひきやすいというように考えていただきたい」
と述べられていました。
岩派ジュニア新書「チェルノブイリから広島へ」より

肥田 舜太郎先生
(被ばくされたお医者様ですその半生を被爆者を支援に捧げられました)
「原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ」
YouTubeより
「最初の症状の一つに下痢が始まります。でこれは今の普通のお薬では止まりません。
 福島では、すでにはじまっている」

「元気なものも含めて、放射線の病気が始まってくるのは、
 おそらくこの秋から来年の春にかけて、たくさん出てくるだろうと、
 わたくしは想像しています。」
といわれています。


チェルノブイリは、短期間で終結されましたが、
福島原発はいまだ現状維持のまま
今まで人類が体験したことない未知の世界。

いちはやく現状を知らなければ!
アンケート調査をしはじめました。
アンケート内容が少々・・・雑ですが。。
アンケートいただいた方
ありがとうございました。
結果も見れますのでご参考にしてください。

地域ごとにしないと正確さがでませんねっ

改めて再度手直ししアンケートしますので
再度ご協力お願いいたしますm(__)m
福島でも栃木でも茨城、周辺地域は、自治体で動いて欲しいです。
もう動いているかしら?^^

不安なだけでは、不安は振り払えません。
とにかく今の現状を知らなければならないと思っています。
もちろん冷静な判断で行動するのみ!

OurPlanet-TV でもアンケート調査を行っています。
ご協力お願いいたしますm(__)m


あれだけの放射性物質が飛び散ったのですから
免疫力が落ちてもおかしくないと思っています。
放射能問題だけではなく今の季節は、寒かったり暑かったりと
体調を崩しやすいですね。

やっぱり免疫力を高めましょうねっ
私も日々免疫力強化に励んでいます(*^o^*)


図をお借りしたので
宣伝させてくださいねっ^^


チェルノブイリ事故と比べていいのか?悩んでしまいます。


人間の体(健康)は平等では、ありません。
低放射能でも影響を受けてしまう子達がいると思うと
やはり書いてしまいました。
さらに3.11からずっと外で遊んでいた子、雨の中部活動をしていた子たちもいるでしょう。
3月中の放射線量は、かなり高かったに違いないと思っています。
3月中の空間放射線量は、地上数十mと高い場所で測定。
高さ50cmで測定されたのは、ほんとうに最近です。
大量の放射性ヨウ素が落ち着いてからだと思っています。

私が記事を書くことで
3月中に屋外で遊んでいた子たちが、体を休める環境になるように
なにかしら対策がとれるようになることを願っています。


================================

インターネットや本で調べた浅い知識だと思っています。
数多くある情報の一部だと思ってください。







スポンサーサイト
被ばくについて | 【2011-06-21(Tue) 07:17:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。