スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「核の傷」「内部被ばくを生き抜く」2本同時上映 黒磯文化会館

重大な事故が起こったけれど、日本は幸いなことに日常摂取するようなお野菜など、セシウムの移行は少なくすみました。チェルノブイリよりも汚染が強い土地でも、見事に移行しないですんでいるものもある。日本の恵まれた土壌に感謝しきれません。
その結果、、被ばくしていることを忘れがちです。
いいことなのか?わるいことなのか?最近の私は、すっかり忘れています。
来月3,11実行委員会のみなさまによる自主映画が公開されます。
見に行って、気を引き締めようと思っています(o˘◡˘o)

どちらの映画にも出演されている肥田先生は、広島で被ばくしながらも被ばく者救援・治療にあたった医師です。
御年95歳!

児玉先生は、 東京大学アイソトープ総合センター長の医師、国会で被ばくの危険を怒り叫んで訴えてくれた先生です^^

4人の医師は、それぞれ現場の人です。被ばく症状をたくさん診てきた医師たちです。映画を通してわたしたちに被ばくということは?どんなことなのか?を
伝えてくれるかと思います。

鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」の映画は、
年齢も経歴も違う4人の医師がこれまで内部被ばくに関して積み重ねてきた体験や研究は重なるところもあれば重ならないところもある。
内部被ばくの影響は複雑で未知の部分も多い。
それでも、この4人の医師の声に耳を傾けることで
情報が混乱する中でも、自分にとっての立ち位置を見定めていただきたい。とのことです。

低線量被ばくは、人類未知の事なので誰にもわからない。



被ばくについてよくわからない方には、少し硬い映画かも知れませんが
未来につながることだと思いますので
この機会にぜひ、足を運んでください( ´ ▽ ` )
 
前売り券2本立てで800円とは、かなりお得となっていますよ~っ
チケット購入を希望される方篠崎までメッセージください(o˘◡˘o)

11月4日(日)
「核の傷」 肥田俊太郎医師と内部被曝
「内部被ばくを生き抜く」 鎌仲ひとみ監督
前売り券:大人 1,000円→800円
高校生以下 500円(当日券と同じ金額です)

無題


スポンサーサイト
お知らせ | 【2012-10-25(Thu) 19:41:56】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

福島原発4号機について

冷却が再開されたようで、なによりです\(^o^)/



武田先生のブログより

福島4号機の冷却が2012年7月1日(昨日)再開しました。
確実な情報源で間違いはありません。ご安心ください。
温度は1時間に0.3℃ほど上昇し、46℃程度まで行ったようです。

福島4号機は今後も工事が続き、
使用済み燃料を取り出す仮の建屋が建設されますが、
先日のように放射性物質をもうもうと立ち上らせての工事を止めること、
冷却を安定させることを政府も東電も守る必要があります。

4号機の危険性について、再度、機会を持て取り上げます。

(平成24年7月2日)






さて!4号機、4号機と話題になりますが、
4号機の状況がよくわからない方への情報です!

現在の4号機は、どうなっているの?

使用済み核燃料とまだ使用していない核燃料棒
合わせて1535体をプールで冷やしている状態です。

・未使用燃料体が 204体。
・使用済み燃料が1331体

合計1535体

・未使用燃料棒→空気中に普通に置いておいても大丈夫!

使用済み燃料→空気中に出してしまえば、
 その周辺にいる人達は即死するぐらいの超危険物


その1331体の使用済み燃料の中には、
セシウム137という放射性物質で比較すると
広島原爆の多分5000発分ほどの物が含まれています。
(たねまきジャーナル小出先生からのまとめ)

なので、水のあるプールで冷やし続けることが大切なんですね!


福島原発4号機は、どうなっている状況なのか?

3月に水素爆発したので、、建物は、ボロボロな状況です(-_-;)
クレーンもみんな吹っ飛びました。
不幸中の幸いで、偶然が重なって奇跡的に
プールは無事とい状態のようです。。。



わかりやすいのが、ツィッターの和田達哉(Robin)さんの
アップされた写真!


01.jpg


本当にボロボロだけれど、作業員さんたちが、
この中でがんばって作業をしてくれているのも事実!


今後のどうなっていくのか?

4号機燃料取り出し建屋カバー建設「前例なき」燃料棒の取り出しへ 

テレ朝:Youtubeより


文字おこしは、できないんだけれど・・・・
CGの作業工程をUPしておきます^^



02.jpg
・現在は、むきだしボロボロの状態。


03.jpg
・今年8月末までには、5階から上の部分を片付ける予定。


04.jpg
・片付いたら、カバーをかけていく。


05.jpg


06.jpg
・カバーの中に大型のクレーンをつけて燃料棒を取り出していく作業へ向かう。予定


07.jpg
・建屋ができあがり、燃料棒を取り出す作業が、一番早くて来年の12月とのこと。




怖い事など、目をそむけたくなる人も沢山いるかと思います。
私もその一人。
事実を知ると怖くなってしまう事があるかも知れませんが
事実を知ること、受け入れることも大切だと思います。

そればっかりになってしまうと、、、ノイローゼやプチウツになってしまいますので
いつでも引き出せる準備をしつつ
日常を楽しみましょう☆彡





7月13日
武田先生のブログから4号機について

1)4号機が核爆発する可能性はほとんど無い、
2)水が漏れて空だきになったら核爆発の危険性は下がる(水がないと安全になる)、
3)地震で4号機が倒壊すると1万分の1ぐらいの確率で原発の風下30キロぐらいは危険地帯になる。

私は4号機の核爆発は心配していません。それより工事の粉塵の方が危険です。

なんだか、久しぶりにホッとするね^^


追記
いつもメールをいただいていますaさんへ
aさんありがとう!

どうにかお返事を返したいと思っていますが。。。
メールの返信ができなくなっています。
aさんは、携帯からメールをいただくので

迷惑メール対策設定で設定変更して頂ければ
嬉しいと思っています。ペコリ

福島原発情報 | 【2012-07-02(Mon) 10:02:47】 | Trackback:(1) | Comments(-) | [編集]

4号機プールで冷却装置停止・・・。

4号機プールで冷却装置停止!

ヤフー時事通信より
東京電力は30日、
福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの水を
冷却する装置で異常があったことを示す警報が鳴り、
自動停止したと発表した。
 東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、
警報が鳴ったのは30日午前6時25分ごろ。
冷却装置に2台あるポンプがいずれも動かなくなり、
モーターを制御する非常用電源装置が故障した可能性があるという。
 東電は1日以降、復旧作業を始める方針。
冷却装置が停止した際に31度だったプールの水温は、
30日午後6時時点で36.6度に上昇したが、保安院は
「保安規定の上限の65度に達するには約60時間の余裕がある」としている。


これについて
武田氏ブログにて

福島4号機の工事が杜撰で、冷却配管を損傷したと考えられます。

このため、6月30日の午前6時から冷却ができなくなり、
温度が少しずつ上昇しています。
そのうち正式な報道がされると思いますが、
私が計算したところ、このまま冷却配管が損傷した場合、
4号機のプールが100℃を超えるのは7月5日夕刻と考えられます。

私はその後も急激な放射性物質の飛散はないと思いますが、
専門家によっては飛散があるとしている人もいますので、
一応、温度の状態だけ計算しました。おそらく、
このままいって使用済み核燃料プールの温度が100℃を超えて、
水が沸騰し始めるのは7月5日の夕刻と考えられます。

その後も余裕があると思いますので、
福島の人はすぐ逃げる必要はないでしょう。
風向きには一応、注意をしておいてください。

(平成24年7月1日)


燃料プールが壊れたわけではないので、
上から放水という手もあるらしいので
ひとまず、安心しました^^




福島原発情報 | 【2012-07-01(Sun) 11:55:24】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果

 放射線防護効果があるもの!

ミネラル含有熱処理酵母。
なかでも亜鉛酵母は、優秀だね^^

活性酸素も消去してくれるからおどろきですね☆彡




平成18年3月24日



独立行政法人 放射線医学総合研究所からプレス発表されました。

ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果を確認、被ばく後投与でも。放医研・体質研究会の研究チームがマウス実験で実証 放射線被ばく障害の治療剤に展開

【概要】

独立行政法人 放射線医学総合研究所(佐々木 康人 理事長)放射線安全研究センター・レドックス制御研究グループの伊古田暢夫グループリーダー、安西和紀チームリーダーらは、財団法人体質研究会(鳥塚 莞爾 理事長)の鍵谷勤京都大学名誉教授と共同で、ミネラル含有熱処理酵母に放射線障害を防護する効果があることを、マウスを用いた実験で明らかにした。

同研究グループは、放射線障害を防護する薬剤の探索を進めている。放射線防護剤の多くは、被ばく前の投与で効果を示すが、今回見出されたミネラル含有熱処理酵母は、放射線被ばく後に投与して有効な薬剤として注目される。放射線防護については多くの薬剤が報告されているが、副作用を伴うものもあり、新たな薬剤開発、特に放射線被ばく後に投与して有効な薬剤が待たれている。今回の成果は、新たな放射線障害治療薬剤開発に繋がるものと期待される。

今後、同研究グループは、ミネラル含有熱処理酵母の投与方法、他の薬剤との併用効果、ならびに放射線防護機構の解明などに研究を発展させていく。

今回の成果はすでに特許出願しており、平成18年5月に開催される第28回日本フリーラジカル学会、および第49回日本放射線影響学会で順次発表予定である。

【背景】

放射線利用が医療をはじめとする多くの産業で不可欠になっている現在、放射線被ばくが生体に障害をもたらすリスクを軽減する放射線防護剤の開発は、社会の重要な課題である。しかしながら、放射線被ばくによる生体障害を予防および治療するための放射線防護剤として実用化されている薬剤は極めて少なく、それらも、副作用が強かったり多くの投与量を要するといった問題点が指摘されている。また殆どの防護剤の場合、放射線を被ばくする前に投与する必要があり、放射線被ばく障害に対し被ばく後に投与して効果が得られる薬剤は極めて限られていた。

放医研のレドックス*1制御研究グループでは、放射線防護剤の探索を進めており、これまでにエダラボン*2ニトロキシド類*3に放射線防護作用を見出している。また水溶性ビタミンE誘導体*4であるTMGが放射線被ばく後に投与して有効なことを、(財)体質研究会の鍵谷勤京都大学名誉教授と共同で報告している。

本研究開発では、放医研による乳酸桿菌*5の加熱死菌体の放射線防護作用の報告を発端として、さらに有効で入手しやすい放射線防護物質を探索し、ミネラル含有熱処理酵母に、放射線被ばく後においても障害を防護する極めて顕著な効果があることを見出した。

【研究手法と成果】

● ミネラル含有熱処理酵母の放射線防護効果の確認実験

実験に用いた酵母は、サッカロマイセスセレビジエ属*6の酵母で、パンやビールの発酵に一般的に用いられている。これらの酵母等は市販されており容易に入手可能である。抗酸化ミネラル*7は、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、およびセレン(Se)などで、亜鉛は約10%、マンガンと銅は5%、セレンは0.2%含有の4種の酵母を用いた。これらのミネラル含有酵母は、サッカロマイセスセレビジエ系ビール酵母を培養する培地に硫酸亜鉛、グルコン酸銅、硫酸マンガン等の金属塩*8、あるいはセレノメチオニン*9を添加して作られる。さらに、酵母以外の成分を遠心分離して除去し、加熱乾燥(110℃、3時間)して粉末状で得られる。本実験では市販のミネラル含有熱処理酵母(以下ミネラル含有酵母)が用いられた。これらのミネラル含有酵母はラット経口投与で最小致死量は2.5g/Kg以上と推測されている安全な物質である。

放射線防護作用の確認実験では、雄性C3Hマウス(10週齢、体重:25-28gグラム)に、マウスによる放射線影響実験の致死線量である7.5GyのX線を照射し、同種の実験の典型的な条件となる30日間の生存率が測定された。実験群は、100-600mg/Kg(体重)の酵母を含んだ0.5%メチルセルロース懸濁液*10(0.3ml)を照射の前あるいは後に腹腔内に投与した。なお、対照群は、0.3 ml/匹の0.5%メチルセルロース溶液を腹腔に投与した(各群16匹~56匹のマウスを使用)。

図1,2に示すように、ミネラル含有酵母は高い放射線防護効果を示した。特に亜鉛酵母および銅酵母は、被ばく後の投与において30日間生存率が80%以上という高い生存率を示した(対照群約7%)。亜鉛酵母は照射60分後投与においても高い生存率を示し、治療剤としての可能性が期待される。

01.gif

図1. 各種酵母の放射線防護効果(X線7.5Gyマウス全身照射、照射後30日の生存率、n=16-56)
ミネラル含有酵母は高い放射線防護効果を示している

02.gif

図2. X線7.5Gy マウス全身照射直後、亜鉛含有酵母(100mg/Kg)投与の30日間生存曲線(n=28)
亜鉛酵母は照射60分後投与においても高い生存率を示し、治療剤としての可能性が期待される

● 活性酸素*11(スーパーオキシド)の消去能について

酵母とスーパーオキシドとの反応は、5,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド(DMPO)を用いる電子スピン共鳴(ESR)*12-スピントラッピング法*13を用いて行った。スーパーオキシドはヒポキサンチンとキサンチンオキシダーゼにより発生させた。DMPO-O2- 付加体のピーク強度を半分に減少させる酵母の濃度を求め、各酵母のスーパーオキシド消去能を比較した。その結果(図3)、最も強い消去能を有するのは亜鉛(Zn)酵母で、この亜鉛酵母の消去能を100とすると、マンガン(Mn)含有酵母:47、銅(Cu)酵母:42、セレン(Se)酵母:8、パン酵母:2-10であった。

図3. ミネラル含有酵母のスーパーオキシド消去能の相対比較
亜鉛酵母の消去能を100とする(重量比)

● 作用のしくみについて

ミネラル含有酵母の放射線防護作用のしくみについては今後の研究課題であるが、推察されることの一つとしては、これらのミネラル含有酵母が放射線によって発生する活性酸素類を消去して生体の損傷を防いでいる可能性が上げられる。

また、ミネラル含有酵母中の亜鉛、銅などは、メタロチオネイン*14ヘムオキシゲナーゼ-1*15などの抗酸化酵素を誘導する。また酵母に含まれるβ-グルカン*16免疫賦活作用*17があり、これらの作用によって放射線障害を防護しているとも考えられる。

スーパーオキシド消去活性の高い酵母が、30日生存率向上に効果的で、放射線被ばくにより生じる酸化的ストレスの制御に重要な役割を果たしているものと考えられるが、詳しい防御機構は今後明らかにする必要がある。

【今後の展開】

一連の実験でミネラル含有酵母には放射線防護効果、特に放射線被ばく後に投与して効果があることが明らかとなった。今後、投与方法の改善、他の薬剤との併用効果、さらに活性酸素、フリーラジカル消去のしくみや免疫賦活作用などの、ミネラル含有酵母の放射線防護メカニズムを明らかにして、より効果的な放射線防護剤、そして治療剤へと発展させていく予定である。

(用語の説明)

(*1) レドックス
酸化還元を意味する。Reduction(還元)とOxidation(酸化)を合成した言葉。

(*2) エダラボン
脳保護剤として臨床使用されている。

(*3) ニトロキシド類
N-O・の構造を有し、ラジカル類と反応する

(*4) 水溶性のビタミンE誘導体:TMG

(*5) 乳酸桿菌
ヨーグルトなどの製造に用いられる代表的な乳酸菌のひとつで棒状の形をしている。放医研レドックス研究グループの前身である放医研薬理化学研究部の色田幹雄部長らは、乳酸桿菌の加熱死菌体の放射線防護作用を報告している。

(*6) サッカロマイセスセレビジエ属
酵母の一種である。

(*7) 抗酸化ミネラル
"抗酸化性"とは、活性酸素を消去する性質である。抗酸化ミネラルとは、抗酸化性を示す金属イオン、金属塩等の形態で存在する金属元素を意味し、活性酸素を消去するスーパーオキシドジスムターゼやグルタチオンペルオキシダーゼなどに含まれる金属を意味する。スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)はスーパーオキシドを分解する酵素であり、亜鉛、銅、マンガンなどを活性中心とする金属酵素である。またグルタチオンペルオキシダーゼは過酸化水素などの過酸化物を消去する酵素であり、その活性中心に存在するセレンが分解反応を促進していることが知られている。

(*8) 金属塩
陽イオンと陰イオンが各々の電荷を中和する形で生じる化合物を塩と称し、イオンとして金属が用いられる場合をいう。

(*9) セレノメチオニン
アミノ酸の一種。

(*10) メチルセルロース懸濁液
メチルセルロース(多糖類のセルロースのメチルエーテル体)を用い、水に不溶性の固体を均等に分散させた液体。

(*11) 活性酸素
いちじるしく化学反応をおこしやすい酸素を活性酸素という。活性酸素には、スーパーオキシド(アニオン)、過酸化水素、ヒドロキシルラジカルなどがある。これらの中で、過酸化水素はラジカルではないが、活性酸素には、不対電子をもつもの多く、フリーラジカルとよばれるので、酸素ラジカルともよばれる。酸素は1電子還元を受けて、まずスーパーオキシドラジカルになり、さらに1電子還元を受け、水素イオンと反応すると過酸化水素になる。過酸化水素が、さらにもう1電子還元を受けるとヒドロキシルラジカルになる。またスーパーオキシドやヒドロキシルラジカルは放射線を照射された水から生成される。生体では、これらの活性酸素のうち、スーパーオキシドを消去するスーパーオキシドジスムターゼ、過酸化水素を消去するカタラーゼやグルタチオンベルオキシダーゼなどが存在する。

(*12) 電子スピン共鳴法(ESR)
ラジカルを定性および定量的に測る装置。ラジカルの量に比例してシグナルが高くなる。

(*13) ESR スピントラッピング法
不安定ラジカル種を測定する有効な手段の一つ。 寿命の短い不安定ラジカルをスピントラップ剤と反応させて安定ラジカル化合物へと導き、このESRシグナルを測定することで間接的に不安定ラジカルを測定する方法。

(*14) メタロチオネイン
61個のアミノ酸からなるタンパク質で20個をシステインが占める。ラジカルや活性酸素捕捉能を有する。

(*15) ヘムオキシゲナーゼ-1
ヘムをビリベルジン(さらにビリルビンになり抗酸化能を有する)、一酸化炭素、Fe2+に分解する酵素で2種のアイソザイムがある。

(*16) β-グルカン
D-グルコースから構成される多糖類でグルコース残基のC-1の配置によりα-とβ-がある。

(*17) 免疫賦活作用
免疫を活性化する作用。


放医研プレスより




少し気になるサプリを紹介。
亜鉛酵母、核酸、話題のレスベラトロールが入っている
資生堂のサプリ。

レスベラトロールは、
「身体における酸化ストレスを無害化する働きに寄与する天然の抗酸化物質」
活性酸素を除去する働きがあるらしいですよっ

放射線防護というよりも
アンチエイジングという意味で気になっています(*´∀`*)









放射線防護 | 【2012-06-26(Tue) 20:34:17】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

第7回福島県「県民健康管理調査」検討委員会

aさんからの情報です^^
aさんありがとうございます(*^▽^*)

第7回福島県「県民健康管理調査」検討委員会

県民健康管理調査「基本調査」の実施状況について







情報提供 | 【2012-06-26(Tue) 15:02:58】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]

Copyright © ママが放射能を学ぶってこと All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。